テニスでドライブボレーを打つ時のコツについて

あなたはドライブボレーを打ったことがありますか?

ドライブボレーとは、

バウンドさせずに空中でボールをストロークと同じ打ち方で打つことです。

打つ場面といえば、

サービスラインあたりにふわっと浮いたボールがやってきたときが多いですね。

今日は、

ふわっと浮いたボールをサービスライン際でドライブボレーするときに気をつけること

について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク




打点の高さ

ネットの白帯より高めの位置が望ましいです。

その方がよりフラットなスイングで強く打てますよね!

白帯よりボールが下だと、

ドライブ回転を多くかけてボールをコントロールしないといけないので難しいですし、

威力もフラットボールに比べて落ちてしまいます。

そのためにしっかりボールの最高到達点を予測して、できるだけ高い打点で打てるように意識しましょう。

スイングの軌道

ドライブボレーは、普段のストロークの打ち方で大丈夫です。

しかし、タイミングや感覚が少し違って感じるかと思います。

ドライブボレーをするときに、こんなこと考えたことないですか?

バウンドさせずにダイレクトでいつものスイングをすると

ネットにかかる気がする・・・

その結果、

ネットしたくなくて極端に振り上げるスイングでボールをこする打ち方になる

↓↓↓

身体が反り気味になった状態でボールインパクトを迎える

↓↓↓

ラケットフレームにあたってアウトする

といった流れで逆にアウトになる。

私は昔よくやっていました笑

重要なのは、

あくまでいつものストロークの打ち方を意識することです。

身体のバランス

ボールにラケットを当てたい!

と意識しすぎて、

身体が反り気味になったり、前屈みの状態になり、

バランスを崩した状態でボールインパクトを迎えがちです。

そのような時は、

いつもより少し深く膝を曲げ、

ズシッと両足で体重を感じながらタメを作ることを心がけると、

しっかりボールを叩けて、ストロークのように鋭いボールを打つことができます。

あなたもドライブボレーを打つ時は以上のことを試してみてくださいね!

テニスでドライブボレーを打つ時のコツについては以上になります。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

 

勝つ技術を身につけるノウハウブックを無料公開中です!

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク







シェアする