テニスでダブルスの試合形式練習の方法について

あなたは練習の中で試合形式の練習を取り入れていますか?

試合形式の練習は球出しやラリー練習と違い、

・動く範囲が大きい

・打つコースの選択が必要

など余裕を持ったショットを打つのが難しくなります。

なので、

このような状況に慣れておくためにも

試合の形式練習は練習の中に取り入れた方が良いです。

今日は、

私がよくやっているダブルスの試合形式の練習方法

について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ダブルスの試合形式(雁行陣)

前衛後衛vs前衛後衛の形です。

サーブからの形式を紹介したいと思います。

サーブを打ち、

リターンをクロスに打ち返すところから試合を開始します。

基本的に後衛はクロスに打ち返しますが、

余裕がある時のみストレートに打ち返すのもOKです。

気をつけたいのは前衛のポジションです。

前衛が第一優先するのはストレートケアですので、

あまりセンター際に立たないようにしましょう。

味方の後衛が打つ時は、

相手前衛がポーチに出るかもしれないので、

一歩、二歩ほど斜め後ろ(センター側)に下がります。

ポーチに出る場合は、

相手がスイングを開始した(ラケットが前に動き始めた)時を目安に、

素早く斜め前へ出て行きます。

ポーチは手首を使わず、

体の前でラケットセットをして壁を作るようにしてボールを打っていきましょう。

ダブルスの試合形式(平行陣)

前衛前衛vs前衛後衛の形です。

これは後衛がクロスに球出しをして、

相手前衛がボレーを後衛に打つところから試合開始です。

ボレーはスライス回転のかかった低い軌道で打つのが理想です。

ストロークを極端にサイド際に打たれた場合は、

ポジションがサイドに寄ってしまってセンターのオープンスペースができてしまうので、

相方が一歩、二歩ほどセンターに寄ってカバーしましょう。

ストローク側は相手の足元(特にバックハンド)に打つことで、

浮いたボールが返ってくることが多くなります。

ストロークで足元を狙い、

浮いたボールを前衛がボレーで叩けるように、

前衛はいつでも動ける体制を作っておきましょう。

もしもストローク側がロブを打つ場合は、

トップスピンボールをバックハンド側に打つとタイミングがずれて甘いボールが返ってくることが多いです。

前衛がボレーで叩いたり、

後衛のアプローチショットで畳み掛けるようにしましょう。

テニスでダブルスの試合形式練習の方法については以上になります!

スポンサーリンク

シェアする