練習が辛くてテニスが嫌いになりかけた話と対処法について

あなたはテニスをするのが嫌になったことはありますか??

私は辞めようと思ったほど嫌になったことが一度だけあります。

なぜかというと、

キツいトレーニングを重視した練習ばかりやらされていたからです。

例えば、

シングルスコート全体を使って左右に球出しをして、

何度も何度もボールを打っては逆サイドに走って打ち、

また逆サイドに走って打ち、

限界が来てもお構いなしに逆サイドに球出しをされる。

足がもう動かないのでボールが横を過ぎ去った頃にはまだコートのセンターにも到達していない

しかしさらに球出しが続く・・・

という経験があります。

そこでコーチから一言

『動きが遅い!』

『やる気あんのか!?』

少し愚痴を言ってしまいそうになりますが、

こういう練習は確かに重要です。

練習で限界を突破してボールを打った経験があると、

試合での勝負どころでも、それに近いくらいの執念を持って食らいついていけるからです。

しかし、

こんな練習や言葉がずっと続くとどうなるでしょうか?

想像してみてください。

自信がなくなってテニスが楽しくなくなってきませんか?

先日、

高校卓球でインハイに出場したMMさんと、スポーツのモチベーションについて話していましたが、

うまくいかない時期が続いたらモチベーションを回復させるのが大変

という話が出てきました。

モチベーションが底辺まで下がり、

元々あったやる気を取り戻すにはどうすれば良いか?

について考えてみましたが、

僕の答えは1つです。

『テニスが好きになれる理由を自ら見出すこと』

・うまく打てた爽快感

・試合で勝てた(ポイント)を取れた達成感

・コーチに褒められた時の嬉しさ

・相手への優越感

・チームメイトからの信頼

・ナイスボール!の一言

何でも良いです。

辛くても頑張った先に得られる快感を想像することです。

その快感は大きければ大きいほど良いですし、細かくたくさん想像するのが良いです。

そして小さくてもその快感を味わえるように、

自分の細かい目標を作って達成することを繰り返しましょう

・しんどいけど狙ったところにボールを打てた

・前回よりも限界が来るのが遅かった

などなど

もしあなたがテニスをすることが辛くなった時は、以上のことを思い出してくれたらと思います。

練習が辛くてテニスが嫌いになりかけた話と対処法については以上になります。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

 

勝つ技術を身につけるノウハウブックを無料公開中です!

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク