テニスで股抜きショットの打ち方とコツについて

あなたは股抜きショットを打つことができますか?

股抜きショットとは、

ロブで頭上を越えたボールを後ろへ下がりながら、

ボールを股の間を通して後ろ向きで打つことです。

かっこいいですよね~

憧れますよね~

フェデラー選手の股抜きショットがかっこよすぎて、

数日研究したことがあるくらいです。

今日は、

股抜きショットに関する私の研究成果

について書いていきたいと思います。

よくありがちなミスの例としては、

・ボールに追いつけなくてラケットを振れない

・ボールに追いついたけどボールが上に飛ばせない

・ラケットが足に当たってしまう

主にこのようなことがありますよね。

それぞれの改善方法とコツついてまとめますので、

是非読んでみてくださいね!!

スポンサーリンク

ボールに追いつけなくてラケットを振れない

高く上がったロブやスピードが早いロブなど、

色んなボールを追いかけることになりますが、

ボールを追い越す時に股を少し開いて、

ボールを通してあげる必要がありますので、

走るスピードが遅くなりやすいです。

そこで間に合わなくなってスイングができないことがないように、

少し股を開きながらも、

追いかけるスピードは逆に速めるようにしましょう。

ボールを追い抜いて過ぎ去る意識で走ってくださいね。

ボールを追い抜いたと同時にラケットを股の間を通して振ることで、

ボールを後ろに飛ばすことができます。

ボールに追いついたけどボールが上に飛ばせない

ボールに追いついたものの、

ボールが下に行ってしまって、

ネットを超えないケースもあります。

そんなときは、

ラケット面の下側に当たっている可能性が高いので、

ボールをできるだけ低くまで落としてやり、

ラケットヘッドを回す意識をもってスイングしてみましょう。

ボールに当たるときの面の角度が上を向きやすくなるので、

ネットを越えやすくなります。

ラケットが足に当たってしまう

股の間にボールを通してスイングすると、

足にラケットが当たることがあります。

たまにスネに当たってしまって激痛を感じることがありますので、

スイングする瞬間にラケット面の2倍の広さくらいは股を開くようにしましょう。

怖い場合は、

スイングするときはさらに大きく股を開くようにしましょう。

ただ、

大きく股を開きすぎると見た目のかっこよさが減ってしまうので、

ほどほどにしておくと良いかと思います。

股抜きショットができると、

『おぉ!すごい!!私もできるようになりたい!』

と羨望の眼差しで見られますし、

股抜きショットでボレーに出てきた選手の横を抜くと、

最高に気持ち良いですし、見てる側も盛り上がるので、

是非練習してみてくださいね!!!

テニスで股抜きショットの打ち方とコツについては以上になります!

スポンサーリンク

シェアする