テニスで調子の波が激しい人が安定感を出すための3つのポイント

テニスの練習や試合で調子が良い日、悪い日は少なからずあるかと思います。

その日の体調や集中力など、色んな要素が積み重なってその日の調子が決まってきますが、あまりにも調子の波が激しすぎるのも問題です。

調子が良い時は狙ったところに上手く打つことができ、格上の人にも競ったり、勝ってしまうこともありますが、

逆に調子が悪い時は、何故かストロークが入らなかったり、アウトばっかりするなど、いつもは負けない相手にも負けてしまうことがあります。

調子の波を図にするとこんな感じですね。

上位の大会がかかるような大事な試合で調子が悪いと、もしも負けてしまった時に悔やんでも悔やみきれないくらい悲しくなります。

ちなみに私は中学の団体戦で、

全国大会がかかった試合(自分が勝てば全国大会出場確定)で全く実力が出せずに負けてしまいました・・・

本当はもっとできるのに・・・

と悔しくて堪りませんでしたね。

今日は、

調子の波が激しい人が安定感を出すための3つのポイント

について書いていきたいと思います。

もしも、

・格下の相手に絶対に負けたくない

・ミスを減らしたい

と思ったら、ぜひ以下を読んでみてください。

スポンサーリンク




安定感を出すための3つのポイント

安定感を出すために意識するポイントは、以下の3つになります。

・ボールとの距離感

・博打ショットをしない

・無理に回転をかけない

安定感がない人はこの3点を意識することで、調子の波が小さくなります。

以下でそれぞれ解説していきますね。

ボールとの距離感

調子の波が激しい人がまず最初に見る点は、ボールとの距離感です。

ミスが多い時は、打点がバラバラになっていることが多いです。

身体と近い場所でボールを打つと、

肘が曲がり、窮屈なスイングになってしまうため、もちろんスイングは安定しません。

ボールインパクトの面の向きも安定しないため、

思うように回転をかけたり、スイートスポットに当てることが難しくなります。

身体と遠い場所でボールを打つと、

肘が完全に伸びきった状態になるため、力を入れたスイングができなくなり、

力負けして思うようにボールを飛ばせなくなります。

調子が良い時は自然と打点がベストな位置になっているため、

力も入れやすく、回転もかけやすくなり、気持ち良く良いパフォーマンスでプレーしやすくなります。

距離感をつかむためには、以下の2つを意識しましょう。

・ボールのバウンドを見る

・足を細く動かす

案外ボールが近くに来るまでボヤッとしか見ていない人が多いです。

ボヤッとしか見ていないとボールの軌道を予測できないため、

何となくボールを追いかけて打つことになり打点が安定しないことになります。

バウンドまでしっかり見ておくことでボールか進む軌道を想像しやすくなるので、

どこにいればうまく打ち返せるかも感覚的につかめるようになります。

また、

ボールを追いかけるときに2歩、3歩だけ動いて打つ人が多いですが、

それだけではうまく打点に入れない場合が多いです。

余裕がない場合はしょうがないですが、

もっと動く余裕がある時は細く動いで距離感を調節するようにしましょう。

博打ショットをしない

調子の波が悪いのは実力以上の力を発揮しようとしていることも一つの原因としてあります。

実力以上のものを発揮しようとすると、

どうしてもコートに収まるかわからない大きな力で強引に打ちがちになります。

私はこれを「博打ショット」と呼んでいますが、

これをするとボールの軌道をコントロールできなくなるので、もちろんミスは多くなってしまいます。

これが格下に負けてしまう大きな理由ですね。

もしも「入れ〜〜!!」と祈りながら打つことが多い場合は、

まずは自分がコントロールできるくらいまで力を抑えましょう。

10球中8、9球ミスせずに入ると思うくらいです。

そうするともちろん打球のスピードや回転量が落ちるので、少し不満に感じるかもしれませんが、

そんな時はミスが最小限になるところを基準にして、

ある程度コントロールできる範囲で少しずつ力を加えていくようにしましょう。

無理に回転をかけない

回転をかけたボールは軌道予測を難しくするため、相手のミスの確率は上がります。

しかし、強引に回転をかけることは自分のミスの確率も増やすことになります。

強引に回転をかけるということは、それだけ薄く当てることになります。

するとラケットフレームに引っ掛けてしまい、トップスピンの場合はふわっと浮いたボールになりやすくなります。

スライスショットの場合はネットにかけることになります。

特に相手から速い打球が飛んできた場合は回転をかけて返すのは難しくなってくるので、

無理に回転をかけずに、まっすぐ当ててポーーンと無回転で返すことも選択肢に入れておくと良いです。

スピードが落ちますがコントロールがしやすいので、深いところでバウンドさせやすくもなります。

以上の3点を意識することで、

調子の波を小さくして安定してトーナメントで勝ちやすくなるかと思います。

格上に勝つ波乱を起こしにくくもなりますが、

まぐれで勝つよりも波を小さく安定させた状態で実力が向上していく方が本当に実力で勝ったという実感が強いですし自信になります。

ぜひ3点を意識してみてくださいね。

今日は以上になります。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする