テニス初心者が意識するべきスマッシュの打ち方とコツ

あなたは「スマッシュ」と聞いて、どんなイメージを持ちますか?

・チャンスボールです!

・ミスしたらもったいないから少し打つのが怖い

・苦手だからボレーします

スマッシュは打つ側にとってはチャンスボールであり、打たれる側にとってはピンチになりますよね。

ロブを打ち、相手がスマッシュの構えを見えた瞬間に、

あっ、このポイントやばい

取られるかも・・・

と心の中で思っている人が正直ほとんどだと思います。

しかし、打つ側は、

よし、チャンスボール!

このポイントもらったぁぁ!!!

と思う人が多いように思いますが、

実際は、

やっとチャンスボールきたけど、ここでミスしたら最悪だなぁ・・・

アウトしたらどうしよう・・・

ネットにかけたらどうしよう・・・

と考えてガチガチになり、

結果的に肘や手首を変な角度で固定してタイミングがあってない状態で打ってしまい、

ミスをしてしまう人がかなり多いです。

私も経験者の1人です。

その時のブログ記事↓↓↓

テニスの試合で緊張しないための方法

せっかくのチャンスボールはしっかりポイントに繋げたいですよね。

スマッシュを決めきれる人は要所要所で重要なポイントを取れるため、本当に試合で負けにくくなります。

あなたにもそうなって欲しいので、私が意識しているスマッシュのコツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク




スマッシュミスの原因

まず、

スマッシュミスの原因ですが、

アウトになる原因は、

1、ボールを打ちたい打点より後ろで打っている

2、肘や手首を曲げた状態で固定し、インパクト時のラケットの角度が「1」と同じになっている

ネットにかける原因は、

1、ボールを打ちたい打点より前で打っている

2、肘や手首を曲げた状態で固定し、インパクト時のラケットの角度が「1」と同じになっている

これが主な原因です。

スマッシュで重要なことは、

・スマッシュできるかの見極め

・ボールインパクト時のラケット角度

この2つを気をつける必要があります。

順番に解説していきますね!

スマッシュできるかの見極め

まず、スマッシュを打つべきかどうかの見極めを行う必要があります。

ロブも「浅いロブ」「深いロブ」がありますので、落下地点を予測して、

今立っている位置からスマッシュの打点に辿り着けるのか?

これをまず判断しましょう。

そのためには、

浮いたボールがどこに落ちてくるのかを予測する必要があります。

僕がやっている予測のコツは、

ボールの最高到達地点をイメージすることです。

最高到達地点付近のボールの軌道をイメージできると、自ずと落下地点が浮かんでくるので、

そこに向かってください。

そこでスマッシュが打てると良いですが、厳しいと感じたときは、

すぐにスマッシュ以外に切り替える必要がありますので、

その時の対処法をまとめますね。

1、前に落ちる場合

無理に打つとネットにかかるため、

・焦らずボレーできっちりコースを狙って、また甘いロブを打たせる

・一度バウンドさせて、アプローチショットをコースに狙って、また甘いロブを打たせる

2、後ろに落ちる場合

スマッシュ、ボレーではアウトになるので、

一度バウンドをさせて、

アプローチショットをオープンコースに狙いましょう。

ボールインパクト時のラケット角度

緊張すると肘と手首に力を入れすぎて、

固定した状態で打ってしまうことがありますよね。

そうなると、打点がバッチリでもラケットの角度がズレてしまうので、

アウト、ネットになってしまいます。

ヘットを返すとよく言われますが、

インパクトの瞬間はラケットヘッドをしっかり回転させる意識を持ちましょう。

構えるときは肘や手首にほとんど力を入れず、

ぷらぷらする程度の力で持つのが良いです。

そしてボールインパクトに合わせて力を入れるようにすると、

打点やタイミングが合いやすくなります。

もう1つ、

スマッシュするときの意識ですが、

シングルコートの面積「11.89m×8.23m」

ダブルスコートの面積「11.89m×10.97m」

スマッシュは上から打つので、これだけのスペースのどこかには入るだろう!

という感覚を持つと焦りが少なくなるかと思います。

また、私の感覚ですが、

サーブだと思ってスマッシュを打つとアウトが少なくなるように思います。

あなたもスマッシュが得意になるように、今日の内容を試して見てくださいね!

テニス初心者が意識するべきスマッシュの打ち方とコツは以上になります。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

 

勝つ技術を身につけるノウハウブックを無料公開中です!

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク







シェアする