錦織圭選手が試合で使うエアケイについて

あなたは『エアケイ』って知っていますか?

錦織圭選手が試合で使い、

ダイナミックなプレーであることから名前が広がりましたよね。

今日は、

エアケイについて

この打ち方にどんな意味があるのか?

について書いていきたいと思います。

エアケイって何かというと、

フォアハンド版のジャックナイフです。

よく聞くジャックナイフと言えば、

バックハンドですよね。

あれをフォアハンドで錦織圭選手は打っているということです。

前回の記事でバックハンドのジャックナイフについて解説していますので、

ご覧になってみてください。

ジャックナイフの打ち方

メリットや打ち方は、バックバンドのジャックナイフと同じですね。

バウンドの上がり際、頂点をジャンプして打ちます。

ただ、エアケイはフォアハンドなので、バックバンドのように両手では打ちません。

そのため、

ボールを抑えることが非常に難しく、

タイミング、打点、体勢がしっかり噛み合わないとミスをしてしまいます。

ある日、テニスの先生が、

エアケイなんて邪道なんですよ!

あんなことしなくて良いんですよ!

と言っておられました。

でも、

かっこいいんですよね~~

あんなのできたら楽しいし、

絶対にモテますよね~~

ということで私もチャレンジしました。

ボールを軌道を予測してジャンプし、

バウンドしたボールの上がり際を振り切ろうとしてすると、

どうしても打点が安定せず、浅くなったりアウトをしたりしてしまいました。

タイミングがズレると球威に負けてしまってボールを抑え込めずにラケット面が上を向いてしまい、

特大アウトなんかもしました笑

あれを試合で打ち切る技術とメンタル・・・

本当にすごいですよね~~!

なのでエアケイって、

錦織圭選手の技術があるからこそできることなんですね!

しかしながらまだ諦めませんよ~!

私もできるように日々練習です!!

あなたも決め球として練習してみてはいかがでしょうか?

錦織圭選手が試合で使うエアケイについては以上になります。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

 

勝つ技術を身につけるノウハウブックを無料公開中です!

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク