テニスで練習が楽しくないときに考えるべき3つのこと

あなたはテニスが楽しくないと感じることがありますか?

ミスばかりしてラリーが続かなかったり、

試合で負け続けると、

イライラしたり自信を失ってしまって、

テニスが楽しくなることがあるかもしれませんね。

もしそのような経験がある場合は、

以下の3つのことを実践してみると、

楽しくするためのきっかけになるかと思いますので、

是非最後まで読んでみてくださいね。

実践してみて欲しいことは以下の3つです。

・多様化練習(一連の流れ)を避ける

・自分の中のハードルを下げる

・仲の良い仲間と練習試合をする

スポンサーリンク

多様化練習(一連の流れ)を避ける

多様化練習とは、

アプローチショット

↓↓↓

ローボレー

↓↓↓

スマッシュ

のように、

連続してプレーをする練習のことです。

このような多様化練習は、

各プレーを連続して行う必要があるため、

1つ1つのプレーの基本がある程度身に付いていないと、

ミスを連発してしまって練習効果が薄れてしまいます。

ミスが怖かったり、

あまり各ショットに自信がない場合は、

このような練習を避け、

フォアハンドの球出しなどの一点集中のメニューを行うようにしましょう。

基本が定着していないと、

多様化練習は非常に多くのプレーについて意識する必要がありますので、

混乱しないように1つのことに集中できる練習を優先した方が良いですね。

自分の中のハードルを下げる

自分はこれくらいできないとダメだ!

という自分の求める実力の基準高いと、

ストレスを抱え込んでしまいやすいです。

良いプレーが当たり前という考えを一旦無くしたり、

目標を少し下げて練習に取り組んでみると良いかと思います。

他人と比べすぎると自分のハードルが上がりやすくなるので、

他人とプレーの質を比べずに、

自分の強みに焦点を置いてプレーするようにしましょう。

仲の良い仲間と練習試合をする

テニスを楽しむには、

一緒にいると楽しい人とテニスをするのも重要ですね。

特に、

「お前の球出しが下手だから俺はミスしたんだ!」

「お前のショットが深いから全然ラリーが続かない!」

という他責思考の選手と練習をするとストレスを感じるので、

テニスをするときの仲間も気をつけると良いですね。

私の経験上ですが、

特に楽しいのはダブルスの練習試合をしている時なんですよね。

ワイワイ盛り上がりながらプレーをすることで、

リフレッシュをするのも1つの方法ですね。

テニスで練習が楽しくないときに考えるべき3つのことは以上になります!

スポンサーリンク

シェアする