テニスの練習内容はレベルに合わせて変更するべき

あなたはテニスがどれくらいのレベルで、

どんな練習をしていますか?

よく多いのが、

初級者が上級者と混じって練習することで、

ラリーでは、

初心者はスピードがあって

回転のかかったボールを打ち返さないといけなかったり、

上級者はラリーが続かなかったり、

浅いボールしか飛んでこないですよね。

球出しでは、

初心者は、

フォアハンド→バックハンド→アプローチ→ローボレー→スマッシュ

このような一連の流れで行う練習について行けなくって、

ほとんどミスで終わってしまったり、

上級者は、

短い距離での球出しで基本的な動作を繰り返すような練習ばかりだと、

いつまでたっても試合で勝つための戦略を身につけることができません。

その結果、

どちらも練習の効率が悪くなってしまうんです。

そのため、

個人のレベルに合わせて

練習相手やメニューを変えたほうが、

上達の効率って良くなるんですよね。

どうすれば良いかというと、

『レベルに応じた複数のグループを作り、

練習メニューを変えて練習する』

これが大切になってきます。

初心者でしたら、

まだフォームがぐちゃぐちゃだったり、

ボールをうまく打つ感覚がないので、

まず素振りをしたり、

手出しのボール出しで打つことで、

まずは各ショットの正しいフォームを身につけることが大切です。

そこから徐々ショートラリーをすることで、

動きを加えても上手く打てるように練習していきます。

中級者でしたら、

ある程度ボールに回転をかけながら安定して打つことができるので、

ネット越しからの球出しで

しっかり深い位置にコースをついて打つ練習をしたり、

ラリーの中でチャンスボールは打ち込んだり、

ピンチの時は繋げたりと、

めりはりをつけて色んなボールに対応できることが大切です。

上級者であれば、

色んな回転やスピードボールに対応できるように、

試合やラリー形式の練習を多くしたり、

フォアハンド→バックハンド→アプローチ→ローボレー→スマッシュ

のように、

各ショットを一連の流れで練習することで、

試合での色んな状況に対応できるようになる必要があります。

重要なのは、

初心者は基礎練習でフォームのベースを作ることを意識し、

中級者は自分でボールをコントロールすることを意識し、

上級者は試合で様々な展開に対応できるようになることを意識する

ということですね。

初心者が基礎ができていることを前提として色んな技術が求められる練習に取り組んでも、

ミスばかりであまり学ぶことができなかったり、

自信をなくすことにも繋がるので、

そこは気をつけるようにしましょうね!

今日は以上になります!

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク