テニスのボレー練習で面の角度とラケットの動き方について

あなたはボレーをするとき、

狙った回転をかけて狙ったエリアへバウンドさせることができますか?

ボレーはストロークと違ってラケットを大きく降らないため、

力を生かして強いボールを打ちたい人はどうしても変な手首の使い方をしてしまい、安定感が欠けてしまうことがあります。

ボレーを一切使わずにストロークだけで勝負する人にとってはボレーを気持ち良く打津ことができるので良いかと思いますが、

・シングルスでネットプレーを武器にしている選手

・ダブルスの試合に出場する選手

に当てはまるのであれば、

日頃の練習からボレーを上手く打つための方法をしっかり実践することが大切です。

今日は、

「ボレーの練習をする際、

意識してほしいラケットの面の角度や動かし方」

について書いていきたいと思いますので、ボレーをもっと安定させたい場合は最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

やって欲しくないボレーの打ち方

まずはやって欲しくないボレーの打ち方について解説していきますね。

以下の方法で打ってしまうと、ボールが安定しないだけでなく、

手首を痛める原因にもなりますので、注意しましょう。

手首をくるくる動かしてしまう

ボレーは手首を動かしてしまうと安定感が悪くなります。

というのも、

手首を動かすことでラケットがクルッと回ってしまうので、ラケットヘッドの動きが大きくなってしまいます。

するとボレーは相手のストロークを近距離で打ち返すことが多いため、

打点やタイミングがズレてしまったり、ラケットフレームに当たってしまったときに明後日の方向にボールが飛んでいくことになります。

まずはラケットヘッドがストロークのように回りすぎないように注意しましょう。

特に手首をビンタのように動かしたり、

チョップのように切る動きをすることがあります。

ちなみに、

ビンタのような動きは、

「身体と遠い位置でボールを打つ場合」

チョップのような動きは

「ボールに対して高い位置からラケットを振り下ろす場合」

に使いやすくなります。

意識してほしいラケットの面の角度や動かし方

次に練習で意識して実践してほしい打ち方を解説していきますね。

ボレーボレーや球出しの練習を行う際は以下のことをしっかり意識しましょう。

ラケットの面の角度

ラケットの面の角度を曖昧にしてボレーをすると、

打球の回転や威力にばらつきが出やすく安定感が出にくくなります。

そのため、ある程度はボレーするときの面の角度を決めた上で打つようにしましょう。

私がおすすめしている面の向きは、

「少しだけ上向き」

です。

上向きにすることで、

スライス回転(バックスピン回転)がかかりますよね。

このスライス回転で打つことで打球は直線的な軌道を描くため、

打球をネットの白帯低い軌道で打つことができると、低い弾道で相手の打点の位置を低くして打たせることができます。

打点の位置が低くなることで、

相手が打ち返したボールは強引に回転をかけない限りは白帯よりも高い位置でネットを超えることになります。

するとボレーを高い位置から叩きやすくなり、力強く打ったりコースを狙いやすくなります。

このようなメリットがあるので、少し面を上向きを意識してみてください。

ラケットの動かし方

次にラケットの動かし方について解説していきますね。

少し面を上向きにしてボレーをすることを前提として書いていきますが、

ラケットの動きは、

「少し斜め下」

を意識しましょう。

もしも面が上向きの状態からまっすぐラケットを動かしてボールを当てると、

ボールは斜め上に上がってしまうため、アウトしてしまったり、ふわっとした打球になりやすいです。

軌道をネットの白帯の上50センチくらいを通すためには、

少し斜め下に動かすことで軌道を地面と平行に調整することができます。

ただし、ネットの白帯よりも低い打点で打つ場合はネットにかかる可能性が高くなります。

そのため、

低い打点の場合はラケットを地面と平行、もしくは少し斜め上に動かして軌道を大きく上げられるようにしておきましょう。

練習中は常に意識しましょう

ボレーボレーや球出しの練習で手首を使い続けて癖になってしまうと厄介です。

「この方法だと強く打つことができる!!」と思ってしまい、

手首の力を使わない打ち方だと力強く打てないと感じてしまって改善意識が薄れやすいからです。

手首を使うボレーは上手く打つことができれば強いですが、

ミスの確率が非常に高いです。

3球に1回ミスをするようなボレーでは、試合ですぐに負けてしまいます。

まずは手首を使わずに安定したボレーを打てるようになり、

10球に9回上手く打ててから、威力のことを考えるのが良いですね。

この手首を使わないボレーでも、威力を高める方法は沢山あります。

その方法については後日公開しますので、楽しみにしておいてくださいね。

テニスのボレー練習で面の角度とラケットの動き方については以上になります。

スポンサーリンク

シェアする