テニスでサーブのトスが安定する上げ方とコツについて

あなたはサーブのトスを狙った場所に打つことができますか?

どれだけ身体の使い方が上手くて良いスイングができても、

トスの場所が前後左右バラバラに上がってしまえば、

威力のあるボールが打てませんし、

肩や肘などどこかに負担がかかりすぎて痛めてしまう可能性もあります。

今日は、

サーブのトスが安定する上げ方とコツ

について書いていきたいと思います。

よくあるトスの上げ方は、

手のひらにボールを乗せてまっすぐ上に上げる方法だと思います。

今日紹介するのは、

『コップを持つように、

横向きにボールを持つ方法』

です。

絶対安定しないだろぉ~と思ったあなた!

これ、

慣れるとめちゃくちゃ安定してくるんです。

なぜなら、

肘や手首の可動を少なくトスを上げることができるからなんです。

そのため、

一定の場所に上げやすくなります。

持つときは、

『親指』と『人差し指から薬指』でボールを横から持ち、

小指はボールが落ちないように下で支えます。

この方法だと、

ボールに回転がかからず、

無回転のトスを上げやすくなります。

この方法が用いているプロ選手も非常に多くなっているようですね。

『良いサーブはトスから!!』

とよく言われるくらいトスって大切なので、

是非あなたも試してみてくださいね!!!

テニスでサーブのトスが安定する上げ方とコツについては以上になります!

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

 

勝つ技術を身につけるノウハウブックを無料公開中です!

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク