テニス初心者が知っておくべきテニススタイルの種類について

あなたのテニススタイルは何でしょうか??

僕は根っからの『カウンターパンチャー』です。

カウンターパンチャーとは、

粘り強く返してチャンスが来たら攻めるタイプのことです。

僕は自分からミスしてラリーを終わらせたくないという想いが人一倍強いので、

中学、高校でずっと取り組んでいた壁打ちでは

ボールコントロールを磨いて、いかに壁打ちラリーを続けられるかを考えていました。

高校の時ですが、

一度10メートルほど離れたところから壁打ちで40センチ四方の印を15連続当てた時、

サッカー部からどよめきが起こったことがあります。笑

その練習がそのままコートで反映され、

とにかくミスせず返す。

チャンスがきたらしっかり攻める。

というスタイルになりました。

どんなプレースタイルが合っているかはプレーヤーの性格にも寄りますので、

あなたが一番ストレスなく楽しくできるスタイルを見つけて欲しいと思います。

以下に代表的なテニスのプレースタイルを紹介しますね。

スポンサーリンク




オールラウンダー

サーブ、ストローク、ボレーを織り交ぜるプレースタイルです。

相手プレーヤーが、

・リターンが苦手ならサーブ&ボレー

・ストロークが苦手ならベースラインのラリー

・サーブが苦手ならライジングショット

このように、

相手がどんなプレースタイルかによって有利に戦えるプレーを選ぶことができるため、

オールラウンダーは安定して試合に勝てやすいです。

しかし、全てのプレーを起点として攻撃できるような技術が必要です。

どんな人が向いているかというと、

・全てのプレーを平均的に上達したい

・弱点を突かれるのが嫌い

・色んなプレーで試合を自由自在に組み立てたい

このような傾向が強い場合はオールラウンダーを目指してみて下さい!

ネットプレイヤー

ボレーを軸に攻めるプレースタイルです。

ネットにつめるチャンスがあればすかさず前へ行き、ボレーで応戦します。

このスタイルのプレーヤーは、サーブ&ボレーを武器にすることが多いです。

・サーブをサイドに打って甘い球をオープンスペースにボレー

・サーブをセンターに打ってリターンの角度を狭めてボレー

というように、ボレーと同時にサーブを武器にできると戦略が広がります。

ストロークは強いボールを打てなくても、

しっかりコースを狙って相手を走らせることができれば十分ネットにつめることができるので、

しっかり狙ったところへボールを返球できるコントロールを身につけておきましょう。

どんな人が向いているかというと、

・ストロークよりボレーが好き

・速い試合展開が好き

・相手が苦しそうにボールを追いかけている姿を見るのが好きなドエス

このような傾向が強い場合はネットプレーヤーを目指してみて下さい!

アグレッシブベースライナー

ベースラインからのストロークで相手を振り回すプレースタイルです。

・フラットショットで威力のあるボールをボカボカ打ってエースを取る

・スピンボールでコースを狙って相手を走らせ、エースを取る

このように、ストロークを中心に相手からポイントを取ります。

攻撃的に打ち込むスタイルなので、非常に攻撃的なテニススタイルです。

どんな人が向いているかというと、

・ボレーよりストロークが好き

・粘るより打ち込みたい

・ストロークによるノータッチエースが快感

このような傾向が強い場合はアグレッシブベースライナーを目指してみて下さい!

カウンターパンチャー

粘り強く返してチャンスが来たら攻めるプレースタイルです。

私もこのタイプですが、

ミスせずチャンスボールを与えないようにきっちり返し

ジワジワとコースを狙ってチャンスを伺います。

中学、高校生はこのスタイルのプレーヤーが多いですね。

どんな人が向いているかというと、

・ボレーよりストロークが好き

・自分から絶対にミスしたくない

・攻撃よりも守備を重視する

このような傾向が強い場合はカウンターパンチャーを目指してみて下さい!

基本的にこの4つのプレースタイルに当てはまるかと思いますので、

是非あなたも自分に合ったスタイルが何かを考えて、

そのスタイルにあったプレー、武器を磨いてみて下さいね!

テニス初心者が知っておくべきテニススタイルの種類については以上になります。

もしストロークを武器にしたい方こちらがおすすめです。

スポンサーリンク







シェアする