テニスのサーブはトスの位置でスピードが大きく変わります

あなたはサーブのトスを安定して上げることができますか?

サーブは唯一「自分から打てるショット」であるため、

一度うまく打つことができる技術を手に入れたら、ずっと安定したサービスゲームを行うことができます。

そのためにも、自分のペースで最高のサーブを打ちたいですよね!

しかし、

・スピードが出ない

・回転がかからない

・フォルトが多い

というプレーヤーが非常に多いです。

このようなサーブになる原因の1つに

トスがズレてしまったまま打つ

ということがあります。

テニス初心者に多いですが、

トスがブレてしまうと、ぎこちないサーブになってしまいます。

なぜぎこちないサーブになるかというと、

トスがブレる

↓↓↓

上半身がボールの方向へ向く

↓↓↓

身体のバランスが崩れる

↓↓↓

足が動き、バタつく

↓↓↓

そのまま打つ

このような打つ流れを踏んでいるため、

バランスが崩れた状態になって、全身の力を使わずに腕だけで打ってしまいます。

その結果、

・スピードが出ない

・回転がかからない

・フォルトが多い

このような威力が弱く、安定しないサーブになります。

なので、

サーブ練習をするときは、

トスを安定して上げられるようになる

これをまず第一に考えてみてください。

以下にトスを安定して上げるコツと、

各サーブごとのトスの位置について書いていきますね!

スポンサーリンク




安定してトスを上げるコツ

トスは高く上げすぎると、

風に流されたり、ボールが落ちてくるまでに打点からズレてしまい

安定して同じ打点にトスを上げることが難しくなります。

そのため、

大きく上げすぎず、しっかり腕を伸ばしてボールを打てる高さを意識しましょう。

トスを上げるときはボールのリリースが指先にならないように、

手のひらの上からまっすぐフワッと上に押し上げましょう。

ボールが手のひらから離れる高さは、肩の高さがおすすめです。

各サーブのトスの位置

左足のつま先をライン線に合わせた場合(右利き)のボールの位置を解説していきます。

プロ選手はサーブのコースを読まれないために、同じ場所にトスを上げてサーブを打ち分けていますが、

これをするのは非常に難しいです。

まずは、各サーブごとに打ちやすいトスの位置で打つようにしましょう。

フラットサーブ

私の推奨は、

頭上からボール1個~2個分右側

頭上からボールの3個~4個分前側

です。

頭上だと体制がのけぞることになり、腕の力も入りづらくなります。

頭上よりも前で打つ方がスイングがスムーズにしやすく力も入りやすいですので、

しっかり前で打つことを心がけましょう。

スピンサーブ

私の推奨は、

頭上からボール0個~2個分右側

頭上からボールの0個~2個分前側

です。

しっかりスピンをかけて、

直線的でなく、円を描くような軌道をイメージして打つようにしましょう。

スピンサーブは腕の力だけで打たないように注意しましょう。

肩や肘を痛めやすくなります。

しっかりタメを作り、伸び上がりによる跳躍の力をボールに伝えることが大切です。

スライスサーブ

私の推奨は、

頭上からボール3個~4個分右側

頭上からボールの2個~3個分前側

です。

頭上付近や左側からのスライスサーブは窮屈になって回転や力が入りづらいので、

必ずトスを上げ直すようにしましょう。

スライスサーボをデュースサイドから打つ場合は、

やや右側に立ち、角度をつけて打つと効果的ですので、ぜひ試してください。

あなたも安定したサーブを打てるように、トスをしっかり上げられる練習を行いましょう!

トスの位置については以上になります。

もしサーブの強化をしたい方こちらがおすすめです。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする