テニスでボレーの回転がスライスの方が良い4つの理由

あなたはボレーを打つとき、

どのような回転のボールになっていますか?

ボレーでどのような回転をかけるかによって、

ラケットの動かし方やラケットセットの高さが変わってきますし、腕の使い方や負担も変化します。

その中で、ボレーを打つ際にオススメな回転は、

スライス回転

なんですよね。

レッスンをやっていると、

ストロークと同じようにボールを当てようとしてしまい、

ドライブ回転でボレーを打ってしまう人がいます。

ドライブボレーを打つ場合以外でドライブ回転のボレーを打つのはデメリットもありますし、

スライスの方がメリットが多いです。

今日は、

ドライブ回転でボレーを打つデメリットに触れながら、

ボレーの回転がスライスの方が良い理由

について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク




ボレーの回転がスライスの方が良い4つの理由

理由は主に4つあります。

・相手の打点を低くすることができる

・相手の余裕を奪うことができる

・手首に負担がかかりにくい

・安定感が出る

以下にそれぞれ解説していきますので、

ぜひ読んでみてくださいね。

※ボレーはコンチネンタルグリップで打つことを前提として書いています。

相手の打点を低くすることができる

ドライブ回転のボールは高くバウンドしやすい特徴があります。

つまり、相手は高い打点で叩ける可能性が高くなります。

一方、スライス回転はバウンドが滑る特徴がありますので、

低い軌道でボールが飛んで行きやすいです。

そうなると、低い打点で打つ可能性が高くなり、

相手は山なりのボールを打ちやすくなります。

そこを狙ってさらにボレーを踏み込んで高い位置でコースを狙って打つことができるため、

試合を有利に進めることにも繋がりますね。

相手の余裕を奪うことができる

ドライブ回転はトップスピンがかかっているため、

円を描く軌道になります。

上で述べたようにバウンドも高くなるので、

コースを狙ってもスピードが遅ければ相手が余裕を持って打ち返すことが可能になります。

一方、スライス回転は直線的な軌道になります。

ビシッ!と鋭く相手コートに入り、低い弾道でバウンドをするため、

ドライブ回転に比べてツーバウンドする時間も早くなります。

相手は打点に入ったりテイクバックをする余裕がない状態で打つことになるので、

ミスの確率も上がります。

手首に負担がかかりにくい

ボレーでドライブ回転をかけようとする人は、

ストロークと同じように大きくラケットヘッドを回して打つ傾向が強いです。

ラケットヘッドを大きく回すためには腕の力だけでなく、

手首にも強く力を入れることになり、ボールインパクトの反動を強く受けることになります。

さらに手首をこねて打つ人もいたりします。

するとさらに手首に反動がきてしまい大きな負担となってしまいます。

一方、スライス回転を意識したボレーを打つときは、

手首をグリグリ前後左右にこねるのではなく、左右に切るような動作になりやすいです。

(ボレーを打つときは手首の角度は固定しておくのが望ましいです)

手首の力を使って左右に切るボレーになったとしても手首の負担かかなり少なくなります。

安定感が出る

ドライブ回転の場合はラケットヘッドを大きく回す分、

フレームショットになりやすいです。

こちらはボレーなのでいつもよりも相手と近い距離にいるため、タイミングやラケットセットにズレが生じることも大きな原因ですね。

一方スライス回転の場合は、

コンパクトに押し出すようなスイングが可能になりますので、

手首の負担がかからないだけでなく、コントロールも良くなって安定感が出てきます

もしかしたら「スピードが落ちる」と感じる人もいるかもしれませんが、

ボレーはコントロールを良くしてコースを狙う方がポイントを取れる可能性が高いです。

相手が届く可能性は高くなりますが、

一発で決めようとしてミスするリスクを背負うよりも、

帰ってきたチャンスボールで確実に決める方がよっぽど試合で勝ちやすいです。

ボレーの回転がスライスの方が良い理由については以上になります。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする