テニスのルール(得点の数え方)について

新しくテニスを始めた初心者プレーヤーに向けて、

テニスの試合での得点の数え方について解説したいと思います。

スポンサーリンク

勝敗について

テニスの試合は獲得したセット数で勝敗が決まります。

1セットマッチの場合

先に1セットを取ったほうが勝ちになります。

3セットマッチの場合

先に2セットを取ったほうが勝ちになります。

5セットマッチの場合

先に3セットを取ったほうが勝ちになります。

セットについて

1セットは6ゲームを先に取ったほうが獲得することができます。

ただし5-5となった場合は、

7-6のように7ゲームを先に取ったほうが1セットを獲得することができます。

ゲームについて

1ゲームは4ポイントを先に取ったほうが獲得することができます。

ただし、3-3(デュース)になった場合は、

5-3や6-8など2ポイント差をつけた方が1ゲームを獲得することができます。

タイブレークについて

ゲームカウントが6-6となった場合、

タイブレークと呼ばれるゲームを行い、7ポイントを先に獲得した方が7ゲーム目を獲得することができ、1セット獲得となります。

ただしポイントが6-6(デュース)となった場合、

8-6や8-10など2ポイント差をつけた方が7ゲームを目を獲得することができます。

ポイントの読み方

獲得ポイントが0の場合

ラブと読みます。

獲得ポイントが1の場合

フィフティーン(15)と読みます。

獲得ポイントが2の場合

サーティ(30)と読みます。

獲得ポイントが3の場合

フォーティ(40)と読みます。

ポイントの数え方

ポイントはサーブ側から数えます。

サーブ側が2ポイント、リターン側が3ポイントの場合

30-40(サーティフォーティ)と数えます。

サーブ側が3ポイント、リターン側が0ポイントの場合

40-0(フォーティラブ)と数えます。

ポイントが40-40の場合

デュースと言います。

デュースからはポイントを2点差つけた方が獲得できますが、

サーブ側が1ポイントリードしている場合

アドバンテージサーバーと言います。

リターン側が1ポイントリードしている場合

アドバンテージレシーバーと言います。

テニスの試合では、負けると次の試合の審判をやることになるかと思います。

初心者は最初は少し緊張するかと思いますが、練習試合でしっかり慣れておくようにしましょうね!

テニスのルール(得点の数え方)については以上になります。

スポンサーリンク

シェアする