テニスの基本的なルールとマナーを解説。シングルス、ダブルスの試合のやり方は?

テニスの試合をやる上で、ルールをしっかり把握しておく必要があります。

きっちり理解していることでスムーズに試合を進めることができるので、お互い気持ちよくプレーすることに繋がります。

ルールに関しては実際に何度か試合を経験することで簡単に身につけることができますが、マナーに関して学ぶ機会はあまり多くないんですよね。

押さえておくべきマナーが幾つかありますが、知っていないと相手選手から失礼な態度だと取られてしまう可能性があります。

そうならないように、初心者プレーヤーに向けてテニスのルールやマナーについて詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク




基本的なルールについて

テニスの基本ルール

テニスの基本ルールを以下の流れに沿って解説していきますね。

 ・テニスコートについて

 ・ポイント、ゲーム、セットの数え方について

 ・試合の流れとルールについて

 ・シングルスの進め方について

 ・ダブルスの進め方について

テニスコートについて

まずはテニスコートについての解説です。

テニスのルールを説明する上で各ラインやエリアの名前を知っておく必要があります。

以下に最低限覚えておくべきワードを紹介しますね。

ベースライン

ベースラインとはコートの一番後ろのラインのことですね。

このラインを超えてボールがバウンドしてしまうと「アウト」となり、相手にポイントを与えてしまいます。

ストロークやボレーを打つ時は、いかにベースラインに近い深いエリアにバウンドさせることができるかが重要になってきます。

センターマーク

センターマークはベースラインの真ん中にあるラインのことですね。

サーブを打つ時はこのセンターマークより右側、左側と交互に立ってサーブを打つことになります。

ストロークやサーブを打つ時は、打ったらすかさずベースライン付近まで戻って相手のショットに備える必要がありますね。

サービスライン

サービスラインはコートの真ん中にあるラインのことです。

サーブを打つ時はこのサービスラインより向こう側でバウンドしてしまうと「フォルト」となり、相手はセカンドサーブ(2回目のサーブ)を打つことになります。

レフトサービスエリア

レフトサービスエリアは、以下の赤い枠のエリアのことです。

⭕印の場所(センターマークより右側)から打った場合はこのエリアの中でサーブをバウンドさせないといけません。

ライトサービスエリア

ライトサービスエリアは、以下の赤い枠のエリアのことです。

⭕印の場所(センターマークより左側)から打った場合はこのエリアの中でサーブをバウンドさせないといけません。

サイドライン

サイドラインはコートの左右にある縦ラインのことですね。

シングルスの試合は内側のサイドライン内でボールをバウンドさせ、

ダブルスの試合は外側のサイドライン内(コートの全範囲)でバウンドさせる必要があります。

ポイント、ゲーム、セットの数え方について

次はポイント、ゲーム、セットの数え方についてです。

テニスの試合は、

 ポイント ⇨ ゲーム ⇨ セット ⇨ マッチ(勝利)

という流れで進行していきます。

4ポイントを取ると1ゲームを獲得することできます。

カウントは、それぞれ「ラブ」「フィフティーン」「サーティ」「フォーティ」と呼びます。

ポイント カウント

0ポイント

0(ラブ)

1ポイント

15(フィフティーン)

2ポイント

30(サーティ)

3ポイント

40(フォーティ)

4ポイント

1ゲーム獲得!

カウントが40ー40になった場合はデュースとなり、2ポイント差をつけるとゲームを獲得できます。

2度目以降にデュースになった場合は、「デュースアゲイン」とカウント(コール)します。(省略してデュースとカウントしても問題はありません。)

サーブ側 レシーブ側 カウント

40

40

デュース

デュースアゲイン(2度目以降)

A

40

アドバンテージサーバー

40

A アドバンテージレシーバー

サーブ側がポイントを取れば「アドバンテージサーバー」

レシーブ側がポイントを取れば「アドバンテージレシーバー」とカウントします。

アドバンテージ側が1ポイントを取ると1ゲーム獲得となります。

試合のルールにノーアドバンテージ(略してノーアド)というものがあります。

トーナメントで試合をサクサク進めていきたい場合にたまに用いられますが、ノーアドの場合は40−40から先に1ポイントを取った方がゲーム獲得となります。

このポイントはレシーバーがどちらのサイドから始めるかを指定することができます。

ポイントはサーブ側から数えます。

同点の場合は「◯◯ オール」と数えましょう。

サーブ側 レシーブ側 カウント

ラブオール

15

ラブ フィフティーン

15

フィフティーン ラブ

15

15 フィフティーン オール

30

30 サーティ オール

40

30 フォーティ サーティ

30

40 サーティ フォーティ

次にゲームです。

6ゲームを取ると1セット獲得となります。

一般的なトーナメントの試合は「1セットマッチ」が多く、1セットを取れば勝利となります。

サーブ側 レシーブ側 カウント

ワンゼロ(ワンラブ)

ゼロツー(ラブツー)

スリーオール

ファイブ フォー

シックス フォー

(1セット獲得!)

フォー シックス

(1セット獲得!)

ただし5−5となった場合は、

7−6のように7ゲームを先に取ったほうが1セットを獲得することができます。

A君の獲得ゲーム B君の獲得ゲーム 解説

7ゲーム獲得するまで続ける

A君があと1ゲーム取ればゲームセット

B君があと1ゲーム取ればゲームセット

タイブレークへ(以下で解説)

ゲームセット

ゲームセット

ゲームカウントが6−6となった場合、タイブレークと呼ばれるゲームを行います。

7ポイントを先に獲得した方が7ゲーム目を獲得することができ、1セット獲得となります。

サーバー レシーバー カウント

ゼロ ワン

ワン オール

スリー ワン

ファイブ ワン

ファイブ オール

デュース

A

アドバンテージサーバー

A

アドバンテージレシーバー

ただしポイントが6−6となった場合、

8−6や10ー8のように2ポイント差をつけた方が7ゲームを目を獲得することができます。

最後にセットです。

プロの試合だと、2セットや3セット獲得すれば勝ちという試合がほとんどです。

3セットマッチ、5セットマッチと呼ばれ、言葉の通りそれぞれ3セット、5セット分試合を行います。

3セットマッチだと2セット獲得すると勝ちとなり、5セットマッチだと3セット獲得すると勝ちとなります。

6ゲーム

1セット獲得!

1セット獲得

ゲームセット(1セットマッチの場合)

2セット獲得

ゲームセット(3セットマッチの場合)

3セット獲得

ゲームセット(5セットマッチの場合)

ゲームカウント5−3、ポイントカウント40−15というようにあと1ポイントで勝つポイントのことをマッチポイントと言います。

マッチポイントの選手がポイントを取るとマッチとなり、勝利ということですね。

試合の流れとルールについて

次は試合の流れと基本的なルールを解説していきます。

試合は主に2種類あります。

種類 試合する人数
シングルス 1対1
ダブルス 2対2

ここではシングルスを例にして簡単に流れを解説していきます。

試合はサーブ(サービス)から始まります。

サーブは1ポイントで2回まで打つことができます。

サーブ2回の内、サーブがサービスエリアに入ればポイントが始まります。

ゲームの最初に打つサーブはセンターマークからサイドラインの間で打ち、

 1ポイント目は右側、2ポイント目は左側、3ポイント目は右側・・・

ポイントずつ左右交互に打ちます。

サーブは対角のエリアにサーブを打ちます。

コートの右サイドをデュースサイド、コートの左サイドをアドバテージサイドと呼びます。

まずはデュースサイドからサーブを打ちます。

レフトサービスエリア、ライトサービスエリアに入らなければ「フォルト」となり、2回目のサーブを打ちます。

2回目のサーブもフォルトとなった場合、「ダブルフォルト」となり1ポイント失点します。

フォールトになる条件は以下の通りです。

 ・サービスエリア外でバウンドする

 ・ボールがネットにかかる

 ・サービスラインを踏みながら打つ

 ・コート内でサーブを打つ

 ・空振りする

 ・ボールがパートナーに当たってしまう(ダブルス)

サービスラインを踏んだり、コート内に入ってサーブを打ってしまうと、「フットフォルト」となり「フォルト」の判定を受けてしまいます。

ネットに当たって入った場合は、「レット(サービスレット)」と判定し、もう一度そのサーブを打ち直します。

(セカンドサーブの場合はセカンドサーブから打ち始めます。)

サーブが入れば、受ける側はレシーブを行い、決まった範囲の中でラリーをしてポイントを競います。(インプレーといいます。)

シングルスは内側のサイドライン、ダブルスはコート全体を使います。

インプレー中にポイントが確定する条件は以下の通りです。

 ・範囲外でボールがバウンドする(アウト) 

 ・ボールがネットにかかる

 ・ツーバウント(ノットアップ)

 ・ボールが身体に当たる

 ・ネットを越えてボールを打つ

テニスは「ノーバウンド」もしくが「ワンバウンド」でボールを相手コートに打ち返す必要があります。

ボールは自分のコート範囲でしか打ち返すことができません。

ネットを越えてボールを打つと失点になってしまいます。

シングルスの進め方について

次はシングルスの試合の進め方についてです。

シングルスは1対1で試合が進んでいきます。

サーブは1ゲームずつ交代していきます。

注意が必要なのは、コートチェンジが必要なところですね。

仲間内でやる場合はコートチェンジを省く場合がありますが、公式の試合では日光の関係もあるので必ずコートチェンジを行います。

コートチェンジはゲーム終了時にゲーム合計数が奇数の時に行います。

A君の取得ゲーム B君の取得ゲーム サーブ コートチェンジ(ゲーム終了時)

A君

B君 あり

A君 なし

B君 あり

A君 なし

B君 あり

A君 なし

B君

あり

A君

なし

B君

あり

あとはタイブレークの時のサーブの交代についてです。

1ポイント目が終了したらサーブをチェンジします。

コートチェンジは6の倍数の時に行います。

A君のポイント B君のポイント サーブ コートチェンジ(ポイント終了時)

A君

B君 なし

B君 なし

A君 なし

A君 なし

B君 なし

B君 あり

A君

なし

A君

なし

B君

なし

B君

なし

あとは上記のルール、ポイントの数え方に沿って進めていけば試合を行うことはできるかと思います。

ダブルスの進め方について

次はダブルスの試合の進め方についてです。

ダブルスは2対2で試合が進んでいきます。

ダブルスのサーブも1ゲームずつペアごとに交代していきます。

ペアの中でどちらが先にサーブを打つのかが自由に決めることができます。

注意点としては、

リターンは最初に「デュースサイド」「アドバテージサイド」のどちらかで打つかをペアで決める必要がありますが、

一度決めたらずっと同じサイドでリターンする必要があります。

コートチェンジも同様にゲーム終了時にゲーム合計数が奇数の時に行います。

A君・B君ペア取得ゲーム C君・D君ペア取得ゲーム サーブ コートチェンジ

A君

C君 なし

B君 なし

D君 あり

A君 なし

C君 なし

B君 なし
D君 あり

A君

なし

C君

なし

あとはタイブレークの時のサーブの交代についてです。サーブは試合開始時の順番で始まります。

ダブルスも同様に1ポイント目が終了したらサーブをチェンジします。

コートチェンジは6の倍数の時に行います。

A君・B君ペアポイント C君・D君ペアポイント サーブ コートチェンジ

A君

C君 なし

C君 なし

B君 なし

B君 なし

D君 なし

D君 あり
A君 なし
A君 なし
C君 なし
C君  なし

あとは上記のルール、ポイントの数え方に沿って進めていけば試合を行うことはできるかと思います。

基本的なマナーについて

次は試合をする時のマナーについてです。

マナーはあまり教えてもらう機会がなく、知らない状態でプレーしているが多いです。

以下に最低限知っておくべきことを紹介しますので、頭に入れておいてくださいね。

ストローク、ボレーがネットインした時

試合のインプレー中、ネットの白帯に当たって相手コートに入ることがあるかと思います。

ネットインしたボールは取りにくいためポイントが決まりやすいですが、

この時「よっしゃあああああああああ!!!」と喜ぶのはマナーとしてあまりよろしくないようですね。

そんな時は「手を挙げて謝る(仕草をする)」のが一般的です。

「白帯により軌道がずれることでポイントを取れてしまったこと」「相手が取りにくいボールになってしまったこと」に対して、

「すいません」の意味を込めて手を挙げるようですね。

私は一度これで相手プレーヤーから怒らせたことがあるので、一応頭に入れておきましょう。

水分補強できるゲーム数

基本的にゲーム終了時のゲーム合計数が奇数の場合に水分補給することが可能です。

合計ゲーム数 水分補給

セットごとの1ゲーム目は椅子に座ることができませんので、ささっと水分補給して2ゲーム目に移るようにしましょう。

相手チームを妨害する応援

悪質な応援はやらないようにしましょう。悪質な応援をパルチザンクラウドと呼ばれているようですね。

特に中学、高校の試合だと罵るような応援をしている人がいたりします。

セルフジャッジや負けた選手の審判(負け審)だと滅多にありませんが、

チームに対して警告、ペナルティ(失点)、失格を課すことも可能ですので、チームのためにも紳士に応援するようにしましょう。

試合中のコーチング

試合をしている選手は試合中にコーチングを受けることができません。

よくコーチや親、チームメイトが試合中の子供に隠れてアドバイスをしていると聞くことがありますが、これはアウトなので絶対にやめておきましょう。

ただし、団体戦の場合はコートチェンジ時、セット終了後にチームのキャプテンからコーチングを受けることができるようですね。

テニスの基本的なルールとマナーを解説は以上になります。