テニスでネットにかかるミスを減らす方法

あなたはネットミス地獄に悩まされたことがありますか??

以前、

ショットミスを減らすための考え方についての記事を投稿しましたが、

テニスのショットミスを減らすための改善方針について

この記事にも書いている通り、

ネットミスはアウトミスよりも改善する手順が多いので、

ネットミスの連続はあまり良い状態とは言えないです。

今日は、

ネットミスをしてしまう原因と、

ネットミスを減らすための方法

について書いていきたいと思います。

ネットミスをしてしまう原因は、

・ボールが失速してしまう

・ラケット面が下を向いてしまう

この2つによるものがほとんどです。

特に、

ラケット面が下を向いてしまう人がとても多く、

ネットミスをしている本人が、

ボールインパクト時に面が

下を向いていることに気がついていない

場合が多いんですよね。

それは気づきにくい打ち方をしているからなのですが、

今日の内容を実践すると、打球が安定しやすくなるので、

是非最後まで読んでみてくださいね!!!

スポンサーリンク

ボールが失速してしまう

スイングスピードが遅いと、

ボールが失速してネットにかかりやすいです。

特に、

ラケットフレームに当たった時は

スイートスポットに当たった時の半分程度の力しか伝わらないので、

すぐにネットにかかってしまいます。

スイングスピードが遅い人は、

ラケットヘッドよりもグリップが先行して

スイングしてしまっていることが多いので、

しっかりラケットヘッドを回してあげる意識を持ちましょう。

ラケット面が下を向いてしまう

ネットミスをしている人は、

無意識に面が下を向いてしまっていることがあります。

主に2つの原因がありますが、

・肘が上に上がって打つ

・体が開いて打つ

この2つが該当していないか確認してみましょう。

ボールを押さえ込みたいという気持ちから

肘が上げながらスイングすることがありますが、

ネットをしなかったとしても、

トップスピン回転がかかりにくかったり、

深いボールにするのが難しいので、

肘は上げずにラケットヘッドを上に回転させるように意識してみましょう。

また、

体を開いて打つと、

インパクト時の面の向きを認識しにくいです。

ラケットを持っている反対の手に強く引っ張られてスイングすると、

面を押さえ込むのが難しくなって

面が上向きか下向きにずれてしまいやすくなります。

スイングの時に腕の位置が回転して

後ろへ行かないように注意するようにしましょうね!!

もしもネットミスが目立つ場合は、

以上のことを意識して、

まずはネットミスよりもアウトミスが多くなるように練習していきましょうね!!

テニスでネットにかかるミスを減らす方法は以上になります!

もしストロークを強化したい方こちらがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする