テニスで打つ時にジャンプをするのは良いのか?

あなたはストロークを打つ時、

ジャンプをして空中で打つことがありますか?

サーブはジャンプしながら打つことが多々ありますが、

実はストロークもジャンプして打つという人がいたりします。

よくジャンプして打つのは、

フォアハンドアプローチショットじゃないかと思います。

バックハンドだとジャックナイフですね。

錦織圭選手はエアKと呼ばれるジャックナイフのフォアハンド版でチャンスボールを叩くことがありますね。

下半身からの伸び上がりの結果、ジャンプをして打つのは良いですが、

運動連鎖のようにショットの質を上げる目的でなく、

ただ単にジャンプをして打つことは、メリットもあればデメリットもあったりします。

昔は私も打つ瞬間に何も考えずにピョンッ!とジャンプをして打つことがありましたが、

変なミスが出てしまいました。

今日は、

ストロークを打つ時にジャンプをすることのメリットとデメリット

について書いていきたいと思います。

メリットとデメリットを理解した上で、要所要所でジャンプを活用することで、

ミスを最小限に抑え、試合で有利に立ち回りやすくなるので、

是非以下を読んでみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




ジャンプするデメリット

フレームショットになる場合がある

ジャンプすることで、

その分スイングが自分のイメージしているものとズレてしまいます。

なぜかというと、

ジャンプした高さ分、身体が上昇し、スイングも上向きになるためです。

ジャンプをするときに一番気をつけたいのが、

「フレームショット」

です。

フレームショットによってボールをラケットに引っ掛けて打つと、

アウトやチャンスボールを与えやすくなります。

何でもないゆっくりのボールを引っ掛けてしまうと非常にもったいないので、

フレームショットが多い場合はジャンプを控えめにしたり、抑えるなりする必要がありますね。

ショットの威力が出ない場合がある

ジャンプをしながら打つと、

下半身からのエネルギーがボールに伝わらない場合があります。

ジャンプで身体が上に体重移動している瞬間にスイングしボールインパクトをした場合は、

その上昇する力がボールに伝わるので、打球の威力が上がりますが、

空中で飛び、最高到達点もしくは落下している時にスイングしてボールインパクトした場合、

ただ腕振りで打つことになり、威力が出ないことがあります。

威力低い打球にならないように、ジャンプする際は気をつけましょう。

ジャンプするメリット

トップスピンがかかりやすい

上記で書いているように、

ジャンプにより身体が上昇するため、スイングの軌道もより上向きになります。

スイングが上向きになるほどトップスピンはかかりやすくなります

私がジャンプしていた理由はこれが1番大きいんですよね。

トップスピンをかけることができると空気抵抗でストーンと落ちやすくなるため、

軌道が高いボールでもコート内に収まる可能性が高くなります。

また、

トップスピン回転がかかると、バウンドの時に摩擦が強くなり、

高く勢いのあるバウンドになりやすいです。

バランスが悪い時や余裕がない時でも、

とりあえずジャンプをして打つことでこれらの効果を得られると考え、

学生の時は頻繁にジャンプをしていました。

ただ、毎回打つたびにジャンプをするのはとても疲れるので、

歳を重ねるにつれて使用頻度は減って行きました笑笑

スイングがしやすい

もう一つ、

これは私が個人的に感じていることですが、

空中でのスイングって、地面に足がついていない分、とても自由に動きやすいんですよね。

大きく身体を動かし、ダイナミックにスイングしやすいです。

窮屈なぎこちないスイングをせずに、思い通りのスイングをしたいと思った時、

必要がない時にもついジャンプすることもあったりします笑

まとめ

ジャンプするデメリット

・フレームショットになる場合がある

・ショットの威力が出ない場合がある

ジャンプするメリット

・トップスピンがかかりやすい

・スイングがしやすい

ジャンプすることは良いこともあれば悪いこともあるので、

特にフレームショットなどデメリット部分による影響に気をつけましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする