テニスでドロップショットの打ち方とコツについて

あなたはドロップショットを試合中に使ったことがありますか?

私は、1試合に1、2回くらいですね。

ドロップショットって狙ったところへ決まるとポイントを取れる確率が高いため、

ここぞ!というときに使ったりします。

以下、私の経験です。

過去一番イライラした試合があるのですが、

その人はラリーになると毎回2、3往復でドロップショットをしてくるんですよね。

しかも確実にサービスエリアの真ん中よりネット際に入れてくるんです。

何とかボールを拾うと、

相手はボレーをしようと待ち構えているんです。

ネット際にバウンドしたボールを何とかギリギリ返すとなると、

コースを狙って打つということは非常に難しいですよね。

浮いたボールを全て空いているサイドへボレーで点を取られました・・・

これもドロップショットが上手な彼の戦術なんですよね。

はらわた煮えくり返っていました笑

今日は、

ドロップショットの打ち方とコツ

について書いていきたいと思います。

うまく打つことができたら、非常に相手にとって脅威になりますので、

是非1つの武器として練習してみてください。

スポンサーリンク

ドロップショットの打ち方

ボレーやサーブと同じコンチネンタルグリップで持ちましょう。

バックスピンをかけてボールを打つ方が、まっすぐ当てるよりもネットを越すスピードが速くなり、

ツーバウンドを速くさせることができます。

回転をかけずに

ポーン

とまっすぐラケットに当てるだけだと、

弱々しいボールになったり、ラケットフレームに当たったらネットをしてしまいやすくなるので、

練習するときはバック回転を意識しましょう。

また、

バック回転がかかっているとまっすぐ跳ねるため、相手の走る距離が長くなります。

サービスライン際など多少深い位置でバウンドしてしまっても、

バック回転によって拾いづらいボールとなります。

バック回転をかけるときは、

円を描くようなボールの軌道をイメージし、優しいラケットタッチを意識しましょう。

ラケット面に長く触れて回転をかけるイメージを持つことで、

かなり精度が高まりますので、是非試してみてくださいね!

テニスでドロップショットの打ち方とコツについては以上になります!

スポンサーリンク

シェアする