テニスの試合で打ち込まれた時にミスをせずに打ち返す方法

あなたは相手に打ち込まれた時に、

しっかり相手のコートに打ち返すことができますか?

試合をしていると、

相手がチャンスボールを打ち込んでくることがありますが、

しっかり打ち返して守りを固めることができると、

相手は

「ポイントを取る前に自分がミスするかもしれない・・」

と思い、

急に焦ってミスをしてくれたり、

急に弱気なプレーに変わって、

逆にチャンスボールがやってくることがあります。

今日は、

試合で打ち込まれた時にミスをせずに打ち返す方法

について書いていきたいと思います。

打ち込まれたときに何を考えるかが大切なんですが、

ミスしてしまうのは、

『もっと良いボールで返さなきゃ!!』

と思って、

自分がコントロールできないスイング

ボールを打ってしまうことが原因の場合が非常に多いです。

なので、

『とにかくミスをせずに返そう!!』

と思って、

自分がコントロールできるスイング

いかに打ち返すかを考えるようにしましょう。

打ち返すためにどうすれば良いかですが、

1、まずボールに追いつく

2、ボールの当たり方だけに着目して打つ

この2ステップです、

スポンサーリンク

まずボールに追いつく

ボールに追いつかないと話になりませんので、

まずは動き出しを速くしましょう。

入るかなー

入るかなー

とぼーっとボールを眺め、

ボールが入りそうとわかったときに走り出す人が多いので、

コースがわかった瞬間に走り出すようにしましょう。

相手のラケットや身体の向きを見て、

ある程度コースを予測しておくと、

さらに追いつきやすくなりますね。

ボールの当たり方だけに着目して打つ

大きなスイングをするとタイミングが合いづらくなってしまうため、

できるだけコンパクトに打つ必要があります。

意識することですが、

・打点

・面の向き

・スイングの角度

この3つだけを優先しましょう。

打点は身体よりも前になるように、

あらかじめ打ちたい前後の打点を明確にしておきましょう。

一番ネットを超えてボールを飛ばしやすいのは、

面を上向きにしたスライス気味の当たりです。

コンチネンタルグリップで握り、

ボレーのようにまっすぐ前に押し出すように当てると、

ボールの威力を生かして打ち返すことができるので、

あまり力まずにミスを減らすことができます。

できれば、

ある程度打球の威力を強めるために、

ボールに対してまっすぐスイングすると良いですが、

本当に余裕がないときは、

スイングを斜め上方向にして極端に高いロブをあげることで、

センターに戻って次の動作の準備をすることも1つの手ですね。

テニスの試合で打ち込まれた時にミスをせずに打ち返す方法は以上になります!

スポンサーリンク

シェアする