テニスでスイングする時は力みすぎると逆にボールのスピードが落ちます

あなたはボールのスピードを上げたい時、

どれくらいの力でスイングをしますか?

ありがちなのが、

スイングする前から握力測定しているときのようにグリップを強く握りしめ、

そのままブンッと振り抜くんですよね。

チャンスボールが来たときは特に、

ものすごく速いボールを見せつけてやりたい!!

と感じて、

つい腕全体に力を入れてしまうことがあるかと思います。

実はそのようなときはスピードがあまり出ないんですよね。

先日、

ボールのスピードや回転数を測る機会があり、

ストロークとサーブのスピードを測ってもらいました。

強く打ちたい!!

強く打ちたい!!

と思って打つと、

大してスピードが出ずに、

リラックス・・・

リラックス・・・

と考えて打つ方がスピードが速かったんですよね。

どうしてかというと、

強く握りしめることによって、

スイングスピードが遅くなったことが原因でボールに力が伝わらず、

スピードが出なくなったんです。

グリップを強く握りしめると、

肘、手首が少し固定されて打ってしまいます。

肘と手首の可動が減り、

肩の可動によるスイングになってしまうため、

ラケットヘッドが回転がしづらくなります

すると、

スイングスピードも落ちてしまい、

ブンッ!!!

という音がいつもよりも弱くなり、ボールに力が伝わりにくくなります。

もしもチャンスボールを

強く打ちたい!

強く打ちたい!

と思ったときは、

そのようなときにこそ『リラックス』を心がけて打つようにしましょうね!

今日は以上になります!

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク