テニスで両手バックハンドのスイングをスムーズにするコツ

両手バックハンドはどっちにどれくらい力を入れていますか?

よくありがちなのが、

右利きの場合、

右手に強く力を入れて、左手はほとんど力を入れずに添えているパターンです。

実は僕もこのパターンだったのですが、

素振りをしても、

スイングがぎこちなくなるんですよね。

するとボールに力が伝わりにくくなるので、

思うようにスピンがかけられなかったり、

浅いボールが多くなったりします。

僕はバックハンドが思うように打てないと感じたとき、

よく右手に力を入れすぎていたんですよね。

今日は、

両手バックハンドのスイングをスムーズにするコツ

ということですが、

スイングに違和感を感じたり、

両手バックハンドをうまく打てない経験がある場合は、

『左腕を中心』にして、

両手バックハンドを打ってみましょう。

力の入れ具合も、

左の方を強く握っています。

逆に、

右手はスイングがズレない程度に強く握ります。

実は、

左腕のスイングを意識して打つほうが、

ラケットヘッドをしっかり回して打てたり、

身体の回転を使ってボールに力を伝えやすくなります。

すると

スイングも安定しやすくなりますので、

違和感も少なく打つことができるかと思います。

一度試してみてくださいね!

テニスで両手バックハンドのスイングをスムーズにするコツは以上になります!

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク