バックハンドのストロークは片手派?両手派?

あなたはバックハンドストロークは片手と両手、どっち派ですか??

私は両手派です。

理由は両手の方が安定感を感じるからですね。

私は硬式テニスを始めてずっと両手のままですが、

私の兄は両手から片手バックハンドに変更しました。

また、先輩は片手から両手バックハンドに変更した人もいます。

片手と両手、どっちのメリットが自分のテニスに合っているかを考えた結果だと思っています。

今日は、

片手と両手のバックハンドは、

それぞれどんな人が向いているのか?

について書いていきたいと思います。

以下の3つの観点から解説しますね。

・安定感

・威力

・かっこよさ

スポンサーリンク

安定感

安定感は、

両手 > 片手

であり、両手バックハンドの方が安定感があります。

両手バックハンドは、

両手でラケットを持つことで、ボールインパクト時のラケット角度がズレることなく、

しっかりボールを抑えながら打つことができます。

一方、

片手バックハンドは、

コンチネンタルグリップでボールを打つ必要があるため、打点を両手バックハンドよりも前で打たないと、

肘が曲がりすぎて力が入れづらくなります。

そのため、

速いボールに振り遅れて力が伝わらなかったりと対応が難しくなってしまいます。

周りのプレーヤーを見てみると、

バックハンドは両手打ちがほとんどですよね。

これはバックハンドの方が力負けせずに打ち返せるからなんです。

威力

威力は、

ベストな打点で打てた場合、

片手 > 両手

打点が少しズレた場合、

両手 > 片手

このようになっています。

ベストな打点で打つことができれば片手バックハンドの方がスイングがしやすいですし、

両手に比べて遠心力を使えるため、

スパーン!!

と強くボールを打ち抜くことができ、両手バックハンドよりも威力の高いボールを打つことができます。

ただし、

高めの打点や、振り遅れて打点が身体に近くなると、

両手バックハンドの方が踏ん張りが効くのでボールを返しやすくなります。

かっこよさ

これは私の個人的な意見ですが、

片手 > 両手

ですね~笑

初めて見たロジャー・フェデラー選手の片手バックハンドなんて、理想的すぎて感動しました。

もしもあなたが男性であれば、女性からモテたいと思うかもしれません。

もしモテたい願望が強い場合は片手バックハンドを極めると良いかと思います。

今日の内容は以上になります!

スポンサーリンク

シェアする