テニスで前後の打点を合わせて安定感をつけよう

あなたはストロークの時、

同じ打点で打ち続けることができますか?

ミスしてしまうのは、

異なるボールの軌道に対して

高さを合わせながらスイングしないといけなく、

その調整がうまくできなかったことが原因なんですよね。

特に、

ミスが多かったり、

打球のスピードや回転量にムラがあるのは、

『前後の位置』

をうまく合わせることができないからなんですよね。

打点をどこにするかで、

・面の抑えやすさ

・力の入れやすさ

・スイングのしやすさ

が変わってきますので一度前後の打点を見直してみていただければと思います。

打点が後ろの場合、

一番の問題点は面が抑えにくくなることです。

肘が上がってラケット面が下を向き、

軌道が低くなってネットに引っ掛けやすくなったり、

ラケット面が上を向いて押し出してしまい、

スピンがかからずに特大アウトをしてしまったり。

ストロークで回転をかけようとしてるのにあまりトップスピンがかからない時は、

タイミングが遅れて打点が後ろになっている場合が非常に多いので、

気をつけるようにしましょう。

打点が前の場合、

ボールを押し出す力が弱くなるので、

スピードが落ちやすいです。

しかし、

打点が前の方がラケットヘッドをしっかり回して打つことができるので、

トップスピンをかけやすくなります。

さらに腕がしっかり伸びているので面の角度はブレにくいです。

なので、

ミスが増えてしまったり、

打球に安定感がないと感じたら、

打点を前にすることで改善されることがあります。

ただし、

打点が前すぎると手首を使って打ったりと、

スイングに変な調整を入れてしまうことがあるので、

踏み込み足の位置くらいを打点を目安にしてボールインパクトを意識しましょう。

体重を乗せてボールを打ちやすく、

ラケットヘッドの動きも調整がしやすいので回転も加えやすくなります。

今日は以上になります!

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク