テニスでストロークを打つ時のスタンスの使い分けについて

あなたはボールを打つ時のスタンスを使い分けていますか??

・ゆるいボールが飛んできたとき

・速いボールが飛んできたとき

・左右に振られたとき

など、

状況に応じてスタンスを使い分けることができれば、

ラケットコントロールがしやすくなるので、

ミスを減らすことができます。

今日は、

状況ごとのスタンスの使い分け

について書いていきたいと思います。

主にスタンスは4種類ありますよね。

・スクエアスタンス

・セミオープンスタンス

・オープンスタンス

・クローズドスタンス

テニスにおいてボールを打つ時の状況は様々ですが、

スタンスを決める時の重要な点は、

『どれだけボールを打つ余裕があるか?』

です。

スポンサーリンク

ゆるいボールが飛んできた場合

テイクバックから踏み込みまでの時間の余裕があるので、

打ちたい方向へまっすぐ踏み込んで力をしっかりボールに伝えられる、

『スクエアスタンス』で打つのが一番良いです。

少々スピードがあるボールの場合

前へ踏み込む余裕がないことがありますので、

身体のひねりを使って打つ、

『セミオープンスタンス』『オープンスタンス』を使うと対応しやすくなります。

この2つは打ち終わった後の次の動作が速くなるので、

速い展開で使うことができるとボールカバーの範囲が広くなって有利になりますね。

コースをついたスピードボールの場合

足を斜め前に大きく踏み出して打つ『クローズドスタンス』で打つと、

コースに打たれたボールに間に合いやすく、

しっかりと打ち返すことができます。

良いプレーをするためにもスタンスの選択は重要になってきます。

できれば、

1、スクエアスタンス

2、セミオープンスタンス

3、オープンスタンス

4、クローズドスタンス

優先順位をこの順番にしておき、

余裕があればあるほど、

スクエアスタンスを選ぶようにしましょう。

余裕を作るためのコツとしては、

『動き出しを速くする』

これが一番大切です。

よくふわっとしたボールを

入るのかな?

入るかもなー

と考えてボールを眺めるだけで、

足が動いていない人がいます。

結果的にコートにボールが入ったとわかってから動き始め、

頑張って追いかけてスクエアスタンスでかろうじて返すことのないように、

『大体のコースがわかったらとりあえず動く』

ということを意識していきましょう。

その分、

体力を使うことになりますが、

チャンスボールをチャンスボールで返してしまうと、

それまでの体力が無駄になるので、

『あと少しだけ頑張ろう!』

と思ってササっと動いてみてくださいね!

テニスでストロークを打つ時のスタンスの使い分けについては以上になります!

スポンサーリンク

シェアする