テニスでサーブトスの安定した上げ方について解説

あなたはサーブのトスを毎回同じ場所に上げることができますか?

サーブを練習する際にまず最初にやるべきことがトスの練習です。

トスが上手く上げられない人は打点がバラバラになってしまうので、

スイングや身体の使い方もバラバラになり、基本動作が身につくのが遅くなることがあります。

トスを上手く上げられる人は打点が安定するためサーブのフォルトが少なくなりますし、

練習においてもコツを掴むのが速くなります。

今日は初心者に向けて、

「サーブトスの安定した上げ方」

について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

サーブトスを上げるコツについて

サーブトスのコツは以下の4つあります。

1、指先(第1関節)でなく指の上(第2関節と第3関節の間)でボールを上げる

2、肘と手首の力は使わず肩の力を使う

3、肘の伸び上がりを使って上げない

4、ボールが離れる位置は肩の高さが目安

4つ同時に意識して実践するとゴチャゴチャになってどれも身に付かないことになりかねないので、

1つずつ実践してトスをマスターしていきましょう。

1、指先(第1関節)でなく指の上(第2関節と第3関節の間)でボールを上げる

特に要注意なのが1番です。

指先でボールをリリースしてしまうとボールを引っ掛けて変なところへ飛んで行ったり、

トスに回転がかかってしまって狙った回転で打てないことがあります。

よほど指先のコントロールに自信があるのであれば良いですが、

うまくコントロールできない場合は指の上(第2関節と第3関節の間)でボールが離れることを意識しましょう。

親指を除いた人差し指から小指の4本でお椀のようにボールを乗せ、

そのままフワッと上げましょう。

もしそれでも回転がかかってしまったり、コントロールできない場合は、

親指をボールの上に添えることで改善されることがありますので試してみてください!

2、肘と手首の力は使わず肩の力を使う

トスを上げる時に肘や手首(リスト)をクイっと曲げて上げる人がいますが、

これはコントロールが難しくなるので、極力、力を入れないようにしましょう。

手首と肘、肩までを一直線にして、

肩の力だけでフワッと上げるようにすると安定しやすくなります。

3、膝の伸び上がりを使って上げない

トスを上げる方法として、膝の伸び上がりを使う人がいます。

膝を曲げ、ピンと伸ばすことで勢いをつけてトスを上げるのですが、

この方法はオススメしません。

なぜかというと、

トスを上手く上げられたとしても、

次の構え、スイングの時に足が一直線な伸び切った状態になるので、

タメを作ってサーブを打つことができなくなります。

実際やってみると確かにトスは安定しましたが、

肝心のサーブに力が入らないため、結果的にデメリットの方が大きかったですね。

4、ボールが離れる位置は肩の高さが目安

あまり意識をしていない人が多いですが、

手のひらからボールが離れる高さを意識することで、ボールをまっすぐに上げやすくなります。

ボールが手から離れる高さは、

「肩の高さ」

を意識しましょう。

肩の高さだと腕が地面と平行になりますよね。

その状態でボールを話すとまっすぐ真上に飛んで行くことになります。

手の位置を打点の真下に持ってくることで、

肩の高さでボールを話した時にまっすぐ上がり、丁度打点の位置にボールが来るようになります。

ぜひ上記を参考にトス練習をやってみてくださいね。

テニスでサーブトスの安定した上げ方については以上になります。

スポンサーリンク

シェアする