テニスのストロークで安定する打点を見つける方法

あなたは自分が一番ストロークを打ちやすい打点を把握していますか?

ラリーをする中で、

・身体に近い高めの打点

・身体から遠い低い打点

など、

色んな打点でボールを打つ機会がありますよね。

そこで大切になってくるのが、

『自分が一番打ちやすい打点を把握できているか?』

なんです。

打ちやすい打点とは、

・腕に自然なスイング

・力が入りやすいスイング

・力まなくてもよい

・面がブレにくい

これらが1番の優れている打点のことです。

腕に局部的な負担がなく、

スムーズに力を入れてスイングできると、

面がブレにくくスイングも安定するので、

ミスは確実に減少します。

打ちやすい打点の見つけ方ですが、

相手からラケット面を押されて力が入りやすい場所と中で、

身体を回しながらスイングして1番腕がリラックスできている場所

になります。

ここではフォアハンドストロークを例にしますが、

まずは、

ボールインパクトの場所でラケットを止め、

誰かに押してもらいましょう

おそらく、

極端に高めや低めの位置で押してもらうと肩に強い力が入り、

身体全体で踏ん張ることが難しいかと思います。

また、

身体よりも後ろでボールを受け止めると、

腕に強い力みが入って肩に負担がかかるかと思います。

目安としては、

腰付近の高さで、

踏み込み足くらい前

この付近を目安にして探してみましょう。

何個か打点が見つかった場合は、

実際にスイングして厳選して行きましょう。

体幹を回した反動で腕をぶら~んとリラックスしながら、

腕に局部的な力みがないかを確認しましょう。

1番のスムーズにスイングできた場所があなたの適正打点になります。

補足として、

『常にその打点で打つことを意識しているか?』

これも非常に大切なんです。

打ちやすい打点を把握していても、

そこで打てなければ知らない人と同じ結果になってしまうので、

しっかり足を動かしたり

ボールの距離感をはかることで、

その打点で打つ回数を増やして行きましょう。

テニスのストロークで安定する打点を見つける方法は以上になります!

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク