テニスはトップスピンとスライスのどちらが安定しやすいか?

今日は初心者向けの内容です!

あなたは普段トップスピンとスライス回転どちらを多く打ちますか?

おそらく、

自分が現在ミスしにくいと思える方を選択するかと思いますが、

「ラケット面のズレの許容範囲」

「自分がラケット面がズレにくいスイングはどちらか?」

この2つを意識することで、

より安定しているショットを選択することができます。

スイングしたときに、

トップスピン回転とスライス回転をかける面の向きは、

下向き、まっすぐ、上向きと異なりますよね。

実は、

相手コートに収まるラケット面の角度には許容範囲があって、

どんな回転をかけるかで許容範囲が変わってくるんですよね。

ラケット面のズレの許容範囲はどちらの方が大きいかと言うと、

トップスピン回転の方が角度の許容範囲は大きい

スライス回転の方が角度の許容範囲は小さい

と言われています。

つまり、

トップスピンの方がスイングのズレても入る可能性が高く、

スライスショットの方が少しのズレでミスする可能性が高い

ということですね。

もしも、

とにかくストロークでミスが少なく、

安定感を磨きたいと思うのでしたら、

まずはトップスピン回転の練習を積むことで、

より早く安定した打球が打てるようになります。

すでに練習をかなり積んでいる場合は、

ブレが少なくスイングできているのはどちらなのかを確認してみて、

よりブレが少ない方に改善を加えて練習していくと、

すぐに安定感が得られやすいです。

自分からミスをせずに、

浅くても緩いボールでも相手コートへ返せると、

相手にストレスを感じさせることができますし、

試合でも負けにくいです。

是非、

以上のことを参考にして、

ショットの選択や練習をしてみてくださいね!!

今日は以上になります!

スポンサーリンク

シェアする