テニスでバックハンドのスライスショットの打ち方で気をつけること

あなたはバックハンドのスライスショットが得意ですか??

学生時代なスライスショットを打たないように言われていたため、

両手バックハンドの練習ばかりでしたが、

実はスライスショットの秘密の練習をやっていたので、

人知れず上手く打てるようになりました。

ある日、

県外の選手との試合で初めて使いましたが、

なかなか上手く打つことができ、

相手がうまいこと打ち損じてくれてポイントに繋げることができました。

スライスショットってトップスピンとは逆回転になるので、

滞空時間が長くなってしまいますが、

スライスショットのバウンドに対応できない選手は多いですので、

打つことができると試合展開に幅ができて、

有利に進めることもできます。

今日は、

バックハンドのスライスショットの打ち方と、

陥りがちなミスの原因と対策

について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

スライスショットの打ち方

まず、

バックハンドのスライスショットは、

コンチネンタルグリップで打つようにしましょう。

フォアハンドと同じウエスタングリップの持ち方だと、

腕や手に負担がかかりやすくなってしまいます。

背中を見せるくらい利き腕側の肩を入れてテイクバックし、

肩で壁を作るようにして踏み込んでいきます。

腕振りで打つのではなく、

身体の体重移動を意識して打つようにしましょう。

そちらの方が、

ラケット面がブレにくく安定しやすいですし、

身体に負担が少なく綺麗なショットを打ちやすくなります。

ラケットヘッドを回すことを意識するよりは、

グリップを中心にしてスイングする気持ちを持って打つ方が、

力が入りやすいですし、コースへ狙いやすくなります。

打ち方で注意するべきこと

ボールが浮いてしまう場合、

手首や肘を使って打ってしまっていることが多いです。

手首や肘の可動を大きくしてしまうと、

ラケットの面の向きが上を向いて

カシュッっと切るような打ち方になって安定しなくなります。

それに、

ラケットヘッドが回りやすくなってしまうため、

コントロールを難しくなります。

そのため、

手首や肘の可動は最小限に抑えて

踏み込んだときに身体の体重移動をしっかり行い、

打ちたい方向へラケットを押す意識を持って打ちましょう!

もしもネットにかかることが多い場合は、

高い位置からスイングに入り、

斜め下に振り下ろす意識が強すぎることが原因としてあります。

まずはボールと並行にスイングしてみて、

徐々に振り始めの位置を上にズラしながら

回転量とボールの軌道を調節していきましょうね!!

テニスでバックハンドのスライスショットの打ち方で気をつけることは以上になります!

スポンサーリンク

シェアする