テニスのサーブの種類と打つ時のコツについて

あなたは、サーブが得意ですか?

私は昔、1番苦手でしたが、今はとても得意で、好きなプレーです。

サーブが強いプレーヤーは、サーブゲームの戦略が幅広くなります

・サーブ→ボレー

・サーブ→アプローチショット→ボレー

・サーブ→アプローチショット→スマッシュ

・サーブ→アプローチショット→エース

などなど、
勝ちパターンをたくさん身につけることができます。

逆にダブルフォルトが多かったり、ただ入れるだけのサーブを打つと、最初からチャンスボールを与えることになるので、非常に辛い試合展開になりがちです。

ダブルスパートナーとしても、サーブが強ければポーチに出やすかったり、チャンスボールが飛んで来やすいので、心強いですよね!

是非あなたにビッグサーバーになって欲しいと思っています。

今日は初心者向けに、サーブの打ち方と意識するべきコツについて解説しますので、

まずは基本をしっかり抑えてくださいね!

サーブの打ち方は以下の3種類があります。

・フラットサーブ

・スピンサーブ

・スライスサーブ

スポンサーリンク




フラットサーブ

打ちたい方向にまっすぐラケットを振り抜くサーブです。

ほとんど回転がかかっておらず、直線的な軌道を描きます。


プロネーション
と呼ばれる手首のひねりを加えることでラケットを振りぬきやすくなるため、ボールに威力が増します。

威力のあるフラットサーブをセンターやサイドラインに決めることができれば、
試合を圧倒的有利に進めることができます。

スピンサーブ

斜め回転がかかっており、ボールが下に落ちるような軌道を描くため、フラットサーブに比べて成功率は高いサーブです。

主に失敗できないセカンドサーブで用います。

スピンサーブは逆クロス側に打つことで、


・バウンドが高い

・コートの外に逃げるような軌道

になります。

相手が右利きであれば、苦手な人が多いバックバンド高めを打たせることができるので、

セカンドサーブでも有利な展開に持ち込むことができます。

スライスサーブ

ボールの右側をこするようにして打ちます(右利き)。

フラットサーブと同じ直線的な軌道を描きます。横回転がかかっているため、バウンドが低い球となります。

クロス側からスライスサーブを打つことで、


・バウンドが低い

・コートの外に逃げるような軌道

になります。

そのため相手はフォアハンドを打つと、バックハンド側に大きなスペースができます。

試合を有利に進める上でもスライスサーブは非常に有効です。

これで以上になりますが、サーブはフォームが重要です。

身体全体の力を使うことができなければ、威力を上げることができません。

以下に私がサーブにおいて意識していることを解説しますので、参考にしてみてください。

サーブの威力を上げるために気をつけること

サーブトスを上げたら左足を軸にして、タメを作ります。(右利きの場合)

このときサーブトスがブレてしまうと足がバタバタしてしまって、タメを作ることができないので、トスが不安な場合は的確に上げる練習をしましょう。

タメを作ることで強い跳躍力が生まれ、スイングの力に加えることで、強力なサーブを打つことができます。

打つ瞬間に足のピンと伸ばした状態になり、あまり跳躍できないという人が多いです。

膝を少し曲げておき、ボールインパクトに向けて力一杯跳躍しましょう。

私が一番気をつけたことは、


打つ瞬間に肘が曲がらないようにする

ことです。

肘を曲げた方が腕に力が入りやすいように思えますが、

ラケットからボールに力が伝わりにくくなるため、打球の威力が弱まってしまいます。

ボールインパクトの瞬間は必ず腕が一直線の状態で打つようにしましょう。

また、身体が開いた状態で打たないように、

右利きの場合、左手をフォアハンドと同じように胸や腹の前にセット

左利きの場合、左手をフォアハンドと同じように胸や腹の前にセット

しましょう。

あなたもビックサーバーになって、仲間から頼りにされるプレーヤーになってくださいね!

テニスのサーブの種類と打つ時のコツについては以上になります。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする