テニス初心者が意識するべきサーブの打ち方のコツについて

今日はテニス初心者必見です。

あなたはサーブを打つ時、

手首、肘、肩に違和感なく打つことができていますか?

今日は、

気持ちよくスイングしてボールを打てる方法

について書いていきたいと思います。

手首や肘、肩のどこかに強い力を入れて打つ原因としては、

サーブの打点が後ろすぎる

ということが挙げられます。

打点が後ろになると、

腕の振りだけでボールを打たないといけないため、

手首や肘、肩のどれかに力を入れないとボールに威力が出なくなります。

そのため、

トスをしっかり前に上げましょう!!!

というアドバイスをするのですが、

それだけでは1つ問題点があります。

それは、

サーブを打つ時に身体が前へ移動することで、

打点が前だと思っていても、

実際は頭よりも後ろになってしまっていることがあります。

そのため、

ボールインパクトの瞬間に

ボールが視界に入っているか確認しながら打つようにしましょう。

視界に入っていれば頭よりも前で打てている証拠になります。

ボールインパクトの時に頭よりも前で捉えることができると、

蹴り上げや身体の回転、腕の振りをしっかりボールに伝えていくことができますので、

是非、試してみてくださいね!!!

テニス初心者が意識するべきサーブの打ち方のコツについては以上になります!

スポンサーリンク

シェアする