テニスで状況に応じたロブショットの打ち方について

あなたはロブを打つときに、

回転数やスピード、軌道をコントロールして打つことができますか?

ダブルスで前衛の頭の上をロブで抜きラリー展開を変更したり、

シングルスで相手のアプローチショットからのネットプレーをロブで阻止したりと、

ここぞというときにロブを打てると、

試合で役に立つんですよね。

しかし、

試合で使うわりにはロブの練習ってあまりやらないんですよね。

今日は、

状況ごとのロブの打ち方について

書いていきたいと思います。

ロブってどんな状況で使うかによって、

回転数やスピード、軌道を変えていく必要があります。

相手がネットにベタ詰めしている状態で

スライス回転で高い軌道のロブを打つと相手に追いつかれてしまいます。

また、

相手がアプローチショットで打ち込んできたボールに対して

力を込めてロブで打ち返そうとするとアウトをしやすくなりますよね。

そこで、

・攻めのロブ

・守りのロブ

この2つのパターンの使い分けを意識しておきましょう。

スポンサーリンク




攻めのロブ

攻めのロブはトップスピン回転をかけて、

相手の頭上を鋭く抜いていきます。

主に以下の状況で用います。

・相手がネットにベタ詰め状態

・高い打点で打てるとき

・ゆるいボールを余裕を持って打つとき

トップスピンを打つためには、

スライスのようなラケット面を押し出すスイングではなく、

しっかりラケットヘッドを回転させてボールインパクトする意識を持っておきましょう。

打点が後ろになるとスイングが窮屈になってラケット面が安定しないので、

打点は踏み込み足くらい前でボールを捉えるようにしましょう。

斜め回転のロブを打てると、

逆クロスへのロブがコートの外に向かってバウンドするので、

ダブルスでも後衛を走らせることができてオススメですね。

守りのロブ

守りのロブは、

軌道を高く深い軌道で打ちます。

・相手のアプローチショットを返す場合

・コースを突かれて走らされた場合

このように

基本的に十分にショットの準備が取れないときに守りのロブを使います。

軌道が高いポールを深くに打つことができれば、

自分がセンターに戻って打球方向の予測のために相手を見る余裕ができます。

相手は一旦下がって1からストロークを展開し直さないといけないので、

焦りが出たりイライラに繋がることもあります。

守りのロブは、

・スライス回転

・トップスピン回転

このどちらが用いて打ちます。

攻めのロブと違うところは、

スピードと回転量を抑え、

軌道を高くすることでボールの滞空時間を長くすることです。

そのため、

スライス回転を打つ場合は、

ボレーのように押し出すようにして斜め上方向にスイングしましょう。

トップスピンを打つ場合は、

スイングの軌道をさらに上方向に調節し、打球の軌道を高くしましょう。

是非、

以上のパターンの使い分けを練習してみてくださいね!

テニスで状況に応じたロブショットの打ち方については以上になります!

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

 

勝つ技術を身につけるノウハウブックを無料公開中です!

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク







シェアする