テニスのリターンが苦手な人が意識するべきコツについて

あなたはリターン(レシーブ)が得意ですか??

リターンってストロークとは違って、

高い打点からのスピードボールが来るので、

タイミングを合わせづらくなりがちです。

今日は、

リターン(レシーブ)が苦手な人が意識するべきコツ

について書いていきたいと思います。

私はリターンの仕方を大きく3つに分けています。

・ボレーのように面を前にセット

・テイクバックをほんの少しだけして打つ

・しっかりテイクバックをして打つ

この3パターンです。

サーブって、

人によってはものすごく速いボールだったり、

緩いけど強いスピンがかかっていたり、

様々なタイプがありますが、

状況によってどんなスイングでリターンをするかを判断する必要があります。

スポンサーリンク

ボレーのように面を前にセット

ブロックリターンと呼ばれていますが、

スピードボールはテイクバックする時間がないです。

そのようなボールに対して大振りすると

ラケットのスイートスポットに当たらずにフレームショットになりがちです。

テイクバックはやらずに面を最初から前にセットし、

ボレーのようにリターンしましょう。

スピードボールの威力を利用してスッと前に踏み込んで押すだけで、

ある程度の強いボールになります。

できるだけ打点を前にして打つと、

面の向きが安定して綺麗にリターンできます。

テイクバックをほんの少しだけして打つ

スライスサーブやスピンサーブなど、

回転が強くかかったボールは大きくテイクバックすると、

タイミングを合わせるのが難しいですよね。

しかし威力がないサーブだとブロックリターンをしても上手く飛んでいかないので、

少しだけテイクバックする必要があります。

なるべく足を動かすようにして、

特に軸足のセットがボールと遠くなってバランスを崩さないように注意しましょう。

しっかりテイクバックをして打つ

そこまでスピードもなく、

そこまで軌道の変化も少ないスピンの時には、

ストロークのラリーだと思ってしっかりテイクバックをして、

踏み込んで打つようにしましょうね。

このようなボールはセカンドサーブに多いですので、

しっかりコースに狙ってチャンスメイクに繋げていきましょう!!

もしあまりタイミングが合わずにミスが目立つ場合は、

是非試してみてください。

テニスのリターンが苦手な人が意識するべきコツについては以上になります!

スポンサーリンク

シェアする