テニスでボレーのミスを減らし、安定させるためのコツについて

あなたはボレーを安定して相手コートの

深いエリアへバウンドさせることができますか?

ありがちなのが、

サービスラインでバウンドしてしまい、

威力のない緩やかなボールになったり、

バウンドが高くなって打ち込まれてしまうケースですよね。

今日は、

テニスでボレーのミスを減らし、安定させるためのコツ

について書いていきたいと思います。

来たボールを安定して相手コートの深い位置へ返せず、

・軌道が低すぎてネットにかかる

・軌道が上がりすぎてアウトになる

・威力がなくて浅いボールになる

私も何度もこんなミスをすることがありますが、

このようなミスショットになるのは、

以下の3つが大きな原因になっています。

・ラケットセットの高さがいつも同じ高さ

・打点が後ろすぎる(身体に近い)

・打点が前すぎる

スポンサーリンク




ラケットセットの高さがいつも同じ高さ

足元に来たボールをボレーするのに、ラケットセットの高さが腰付近にあると、

振り下ろしてボレーする必要がありますよね。

すると面を上向きにして、

強いスライス回転をかけて打たないとネットの高さを越えることができません。

足元のボールに強いスライス回転をかけるのはとても難しいです。

ラケットフレームに当たってしまって、

ネットにかかったり、

ボールが浮いてしまったり・・・

逆に、

頭の高さの軌道でボールが来たのに、ラケットセットの高さが腰付近にあると、

振り上げて打つ必要があるので、

ボールが浮いてしまったり、

アウトになったり・・・

意識しておくべきことは、

ボールの高さに合わせてラケットセットの高さを調節

してあげましょう。

足元のボールは、

ボールに対して並行もしくは少し下からラケットを出してやり、

高めのボールは、

ボールに対して少し上からラケットを出してやることで、

深いエリアへボールをバウンドさせるためのコントロールがしやすくなります。

打点が後ろすぎる(身体に近い)

打点が後ろすぎたり、身体に近いところでボレーをすることになると、

肘が曲がりすぎた状態で打つことになりますよね。

そうなると、

力の調節が難しくなり、コントロールすることが難しくなってしまいます。

打点が後ろになってしまうのは、

ボレーするときにラケットを引きすぎてしまい、

速いボールが来たときに余裕がなくなってしまうことが原因としてあります。

あらかじめ身体の前でラケットをセットするようにしましょうね。

打点が前すぎる

逆に、

打点が前すぎてしまうと、肘が伸びきった状態で打つことになるので、

チョンッ!

と当てることになってしまい、

ネットにかかったり、

浅いボールになりがちです。

ラケットセットの位置が前すぎるのも問題なので、

強いボールが来ても踏ん張れる程度に肘は曲げておいた方が良いですね。

打点はフォアであれば、打点は左足のつま先くらいの位置を目安にすると、

しっかりラケットタッチを感じながら打つことができます。

補足ですが、

最初から打ちたいエリアを意識しながらボレーするのも良いですが、

ネットの白帯から50cmくらいの間を通るように意識してみると、

さらにボレーの軌道をイメージすることができるため、

安定しやすくなります。

是非試してみてくださいね!

テニスでボレーのミスを減らし、安定させるためのコツについては以上になります!

スポンサーリンク







シェアする