テニスでボレーが下手な人が意識するべき優先順位について

あなたはボレーが得意ですか???

球出しではうまくボレーできても、

ラリーの中でボレーをしようとすると

自分から打点へ動いてタイミングを合わせて打たないといけないので、

思ったよりもうまく打てなかったことがあるかもしれません。

今日は、

ボレーミスが多い人の特徴と、

ボレーするときに意識する優先順位

について私なりの考えを書いていきたいと思います。

ボレーはシングルスではやらなくても勝つことは可能ですが、

ダブルスでは必須になります。

ボレーが下手だと、

すぐにリターンでストレートを狙われて失点

ということになりますので、

是非ボレーに自信がない場合は最後まで読んでみてください!!

スポンサーリンク

ボレーミスが多い人の特徴

ボレーミスで多いのは、

・打点が後ろ

・正面を向いている

・ドライブボレーのスイング

このように、

面の向きやタイミングを合わせにくい

打ち方をしている時なんですよね。

スピードボールが来たら打点が後ろだと

面のセットにばらつきが出やすくなります。

正面を向いていると

球威に押されてコントロールが難しくなります。

ドライブボレーのスイングばかりしていると、

スピードボールに対してタイミングを合わせにくくなるので、

フレームショットになりやすいですよね。

ミスが続いた場合は、

この3つに該当していないか

確認を取ると良いかと思います。

ボレーするときに意識する優先順位

ボレーは、

ボールのスピードによって

動作を使い分ける必要があります。

ボレーする時の動作の順番は、

以下のようになります。

1、体の前で面をセット

2、ボディターン

3、軸足セット

4、前へ踏み込みと同時にラケットを押し出す

もしもスピードボールに対して3番のように

軸足セットを行ってしまうと、

間に合わなくなって力が入れづらくなります

逆にゆるいボールなのに1番のように

体の前で面をセットだけ行うと、

威力がない打球になってしまいます。

そのため、

動作は以下の順番で優先していきましょう。

スピードボール

↑↑↑↑↑↑↑

1、体の前で面をセット

2、ボディターン

3、踏み込み

4、軸足セットから踏み込み

↓↓↓↓↓↓↓

ゆるいボール

スピードボールは真っ先に面のセットだけ意識して

とにかく返球することを考えましょう。

少し早いボールはボディターンを入れて、

体全体でボールを受け止められるようにします。

もしできそうなら1番と2番は

同時にやると良いかと思います。

少しゆるいボールに対しては

踏み込みことで長くフォロースルーを取れるようにし、

鋭いボールをいてるようにします。

ゆるいボールの場合は、

軸足セットをすることでさらに力が入る位置へ調節を行い、

大きく踏み込んで打てるようにします。

補足として、

ラケットの動かし方は、

手首の力で打たないように、

ラケット面を打ちたい方向へまっすぐ前に押し出すようにしましょう。

ラケットの向きですは、

斜め向きにセットしておきましょう。

横向き(地面と水平)にすると

腕とラケットが一直線になってしまい、

力が入りにくかったり、手首を痛めてしまいます。

ラケットを立てすぎると、

手首でグイっと押さえつけて打ってしまったり、

低く飛んできたボールに対応しにくくなるので、

注意が必要です。

もしもボレーが苦手な場合は、

以上のことを意識してボレーをやってみてくださいね!!!

テニスでボレーが下手な人が意識するべき優先順位については以上になります!

スポンサーリンク

シェアする