テニスは予測力が大切。打球方向の予測の仕方について

あなたは相手の打球方向を予測して動いていますか?

相手のアプローチショットのコースを予測できれば、

動き出しが速くなってノータッチエースを取られるところを打ち返すことができますよね。

何気ないゆるいショットであれば、

予測ができればしっかり踏み込んで打つことができるので、

いつもは繋ぎのショットをしているところをチャンスボールとして攻撃できるようになります。

このように、

予測力があると、

粘りと攻撃の両方が強化されるので、

予測力ってとても重要な技術の1つなんですよね。

今日は、

相手のストロークの打球方向を予測するための方法について

書いていきたいと思います。

相手のショットのコースを予測するには、

以下に着目しましょう。

・身体の向き

・テイクバックの深さ

・相手の今までのパターン

この3つに着目すると、

打つ方向を予測しやすくなります。

スポンサーリンク

身体の向きから予測

まず最初に確認したいのは、

ショットを打つ時の身体の向きです。

テイクバックした時に身体がどの方向に対して横向きになっているかで、

判断することができます。

基本的にストロークなどのショットは体幹を回すことで威力を出そうとします。

なので、

テイクバックの時は打ちたい方向に対して横向きになるのが自然になります。

自分が向いている正面の方向にボールを打とうと思うと、

腕だけの力でスイングしないと行けないので、

ボールの威力が弱くなりやすいです。

その結果、

身体を回転して打つことができるクロス方向にボールを打ちやすいということです。

テイクバックの深さから予測

もう1つ大切なことは、

テイクバックの深さになってきます。

正面を向いた状態でまっすぐ正面方向にボールを打つことは難しいですが、

テイクバックを深くすることである程度の威力を出して打つことは可能になります。

なので、

テイクバック時のラケットとボールの距離感を見ながら、

判断する必要もあります。

テイクバックの深すぎると、

クロスに打つにはスイングが大きくなったり身体が回転しきれないことがあるので、

ストレートの可能性が高くなりますし、

テイクバックが浅すぎると、

ストレートに打つとスイングスピードが遅くなるので、

よりラケットヘッドを回して打つことができるクロスを選択する可能性が多くなります。

相手の今までのパターンから予測

試合が進んでいくにつれて、

その選手のショットのコース配分が掴めることがあります。

クロスに打つのが得意な人は、

基本的にクロスへ良いショットを打つことで攻撃の起点にしますので、

クロスに打つ確率はかなり高くなります。

なので、

試合が始まったら、

相手選手のコース配分に目を向けてみましょう。

だんだんコースの偏りが見えてきて、

動き出しを速くしてボールを打つことができるようになるかと思います。

テニスは予測力が大切。打球方向の予測の仕方については以上になります!

スポンサーリンク

シェアする