テニスでボレーに力が入らずに威力が出ない場合にやること

あなたはボレーを力強く打つことができますか?

よく多いのが、

チョンッ

と押してすぐに引っ込めるようなボレーですよね。

そうなるとラケットのスイートスポットを外して、

ラケットフレーム近くでボールを捉えてしまった場合に、

全くボールが飛んで行かずに、

ネットにかかりやすくなってしまいます。

特にバックボレーで多く見られがちなんですよね。

スポンサーリンク




フォロースルーを大きくしよう

その場合にどうすれば良いかというと、

打ちたい方向に対して、

フォロースルーを大きく取りましょう

フォロースルーとは、

『打った後のラケットの振り抜き動作』

のことです。

チョンッ!と当てるだけだと、

フォロースルーが5cmや10cmしかないので、

打ち損なってしまうとボールに威力が伝わりにくいですが、

フォロースルーを20cmとか30cmと大きく取ることで、

ラケットフレーム付近に当たっても、

フォロースルーによる『押す力』でボールに威力が増します。

すると、打ったボールがネットを越えやすくなってきます

ボレーの威力不足で悩んでいる時は一度試して見てくださいね!!

注意点として、

フォロースルーのときに、

手首をグリグリ動かして手首の力を使って打たないようにしましょう。

ボールのコントロールが難しくなるので、

手首はリラックスした状態で打ちたい方向にそのままの形で押し出して打ちましょう。

前のめりにならない

もう1つは、

前のめりにならないような気をつけましょう。

フォロースルーを大きくすることで、

腕を前に伸ばし、

上半身が前へ傾いてしまうことがあります。

身体のバランスはしっかり保った状態でフォロースルーを行うようにしましょう!!

テニスでボレーに力が入らずに威力が出ない場合にやることは以上になります!

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする