テニスでサーブの威力、スピードが出ない場合のコツについて

あなたはサーブでボールに対してしっかり力を伝えることができますか??

サーブに威力が出なくてネットにかかりやすかったり、

スピードが遅いことで相手に余裕を持って打ち込まれる

こんな経験ないでしょうか?

今日は、

サーブの威力、スピードを出すためのコツ

について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク




打点を前にする

打点が後ろすぎると、

腕の力だけでボールを打つ必要があります。

面の向きやインパクトが安定しなくなるので、

コントロールが非常に難しくなります

また、

蹴り上げの力もほとんどボールに伝わらなくなるので、

威力もほとんどないヘナヘナボールになりやすいです。

そのため、

しっかりと打点を前にして打つ意識を持ちましょう。

ベースラインからボール4個分ほど前で落ちるようなトスを上げ、

自分の頭よりもできるだけ前でボールを捉えられるようにしましょう。

身体全体の力をボールに伝えやすくなります。

ラケットヘッドをしっかり回す

よく多いのが、

実際にサーブのスイングをするとき、

グリップが先に出てくるパターンです。

ボレーのようにサーブを打っているイメージですね。

ボレーは相手のストロークによる反発力があるので、

反動でスピードボールになることがありますが、

サーブは上から落ちてくるボールを打つため、

自分から打ちたい方向に対して力を加えないといけません。

そのため、

グリップ中心のスイングでは威力不足になってしまいます。

そこで、

ラケットヘッドをしっかり回して打つ意識を持ってみましょう。

ラケットヘッドがクルッと回ることによって、

ボールに当たるときの力が一層強くなります。

注意点としては、

あまり手首に力を入れすぎないようにしましょう。

手首に強い力を入れて打つ意識を持ち過ぎると、

手首を痛めてしまう原因になります。

ラケットを下から振り上げ、

その反動とラケットの重みを使って打つ感覚を持てると、

力をあまり入れずに威力のあるサーブを打てるようになります。

是非試してみてくださいね!!

テニスでサーブの威力、スピードが出ない場合のコツについては以上になります!

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする