テニスの試合で知っておくべきダブルスのポジション取りについて

あなたはダブルスで前衛のポジション取りをしっかりできてますか?

前衛って、

後衛が打ったコースに応じて立つ位置を変更しないといけないので、

以外と忙しいんですよね。

今日は、

ダブルスで前衛のポジション取りをするときに気をつけること

について書いて行きたいと思います。

ポジショニングするときは、

・パートナーの守備範囲

・相手が打ちやすい範囲

をしっかり把握して、

自分のポジションを取ってやる必要があります。

以下を例にして解説して行きますね!

スポンサーリンク

ショートクロスを打たれた場合

後衛がクロスサイドでストロークをしているとき、

前衛の左サイドの真ん中あたりに立ちますが、

もしもショートクロスに打たれてしまって、

後衛がサイドの外側に走らされた場合、

前衛がそのままの位置にいると、

センター付近に大きくスペースが空いてしまいますよね。

相手前衛はストレートを警戒しながらポジションが少し右側に移動し、

ボレーはセンター、ショートクロス、前衛の足元を狙ってきます。

相手からすると、

この3つの中で一番打ちやすいのはセンターなんですよね。

外側に追い出された後衛はセンター付近に帰ってきたボールが守備範囲ではなくなるので、

前衛が少しセンターに寄り、

速いボレーに対応できるように2、3歩くらい後ろに下がることで、

対応できるようにする必要があります。

相手が一番打ちにくいのはショートクロスなので、

滅多に鋭いボールが飛んでくることはないので、

来る確率が高い、足元やセンター付近のボールを警戒するようにしましょうね!

ロブからストレート展開になった場合

まず、

ロブなどで陣形を変更する場合は、

必ず声かけや前衛が腕で合図をすることで、同じサイドに行かないように注意が必要です。

右側のストレートでラリーをしている場合は、

前衛が左側の真ん中付近にポジショニングしていると、

サイドよりにボールが行くと角度をつけて打つことができるようになり、

クロスに打つことができるようになります。

そうなると後衛が守る範囲が多くなるため、

前衛は1、2歩ほど右側(センター付近)へ移動しましょう。

補足として、

初心者、中級者に使える戦術を紹介しますね。

もしも、深いトップスピンボールが相手コートに入った場合、

前に詰めるのではなく、

少し後ろへ下がって、ロブが来るのを待ってみましょう。

深ければ後衛に任せて、

スマッシュできそうなら無理せずに打ちましょう。

初心者の場合は打点を高くしすぎて、

チョンッと当てるだけになることが多いので、

ネット前に落ちることも想定して、

前へ踏み込んで打つことも考えておきましょう。

テニスの試合で知っておくべきダブルスのポジション取りについては以上になります!

スポンサーリンク

シェアする