テニスで片手バックハンドストロークの打ち方とコツについて

あなたは普段、

バックハンドは片手と両手どちらを用いていますか??

現在の主流は両手バックハンドと言われていますが、

少なからず片手バックハンドを

用いている方を見る機会が多いんですよね。

私は両手バックハンドを用いていますが、

昔、ロジャーフェデラー選手の片手バックハンドに憧れて、

練習したことがあります。

今日は、

バックハンドをどちらで打つか決めかねている方や

片手バックハンドがうまく打てない方に向けて、

片手バックハンドの打ち方とコツ

について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

テイクバック

肘が伸びた状態でラケットを引かずに、

しっかり曲げておきましょう。

肘が曲がった状態だと、

肩だけでスイングして打ちがちなので、

力が入りづらくなります。

片手バックハンドは両手バックハンドよりも

ひねりを意識する必要があります。

そのため、

足は少しクローズドスタンス気味に踏み込み、

相手に背中を見せるくらいでセットしましょう。

スイング(トップスピン)

しっかり斜め上にスイングすることを意識しましょう。

トップスピンを打ちたいのに、

ボールと平行気味にスイングをしてしまい

失速によってネットミスが連発したり、

押し出すようなスイングになって

回転をかけられずに

アウトをしてしまったりならないように注意しましょう。

ラケットヘッドを先行してスイングする意識を持つと、

うまくスピン回転がかかって軌道が円を描くようになります。

ここで重要なのは、

横向きでインパクトすることです。

よく多いミスとして、

打つ時にすぐ体を開くことで

ほとんど腕を振り回す力で打ってしまい、

インパクト時のラケット面が安定しないことが挙げられます。

インパクト時の面の向きが上を向いてしまって

トップスピンがかからずに特大アウトもよくありますので、

横向きは必ず意識しておくようにしましょう。

また、

横向きのインパクトによって、

体のひねりの力をしっかりボールに伝えられるようになります。

ボールインパクトの時は、

胸を張るようにして打つと強いボールに対して

しっかり押さえ込むことができます。

その時に大事な注意点ですが、

打点は踏み込み足よりも前を意識しましょう。

打点が後ろになってしまうと、

肘が曲がってしまうことで力が入らずに

弱々しいスイングになりやすいです。

ボールインパクト後

そのまま横向きからほんの少し体を回転させ、

斜め向きで終わるくらいが望ましいです。

相手に正面を向くくらい体を開いて

フォロースルーを長くすると、

腰を痛めたり、肩を痛めたりすることがありますので、

注意しましょう。

テニスで片手バックハンドストロークの打ち方とコツについては以上になります!

スポンサーリンク

シェアする