テニスでネットタッチとネットを超えて打った場合は失点するの?

あなたはネットタッチや、

ネットを超えてボールを打ってしまったことがありますか?

私は試合で何回かあります。

ダブルスの試合でした。

ふわっと浮いたボールをネット前まで詰めてスマッシュをしましたが、

スイングに勢いがありすぎてボールを打った瞬間に、

バチンッ!!!

ネットの白帯を叩いてしまいました。

この場合、

白帯をラケットで叩いてしまった私の失点になるんですよね。

その当時は、まだ相手も私と同様に初心者でして、

ルールが曖昧だったので、

スマッシュ決まったし、

私のポイントだよねっ!!

と私にポイントをつけてしまいました笑

今日は、

『ネットタッチ』をした場合の失点についてと、

よく聞かれる『ネットを超えてショットを打った場合のポイント』

ついて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ネットタッチの失点について

先ほどの例は、

スマッシュを打った瞬間にネットを触ってしまい、

まだスマッシュを取る可能性があったため、ポイントが確定していませんでした。

そのため、

ネットタッチをしてしまった私が失点したことになります。

つまり、

ポイントが確定していない状態でネットタッチをすると、

ネットタッチした方が失点する。

ポイントが確定している状態でネットタッチをしても、

問題なし。

ということですね。

ネットを超えてショットを打った場合

よくネットを超えてボールを打つのは問題ないと聞きますが、

実は、パターンごとに明確なルールがありました。

飛んできたボールをネットを越して打つ

まだ自分のエリアに入ってないボールを打ってしまうのはダメなんです。

相手の打ったボールかギリギリ入るかわからないとき、

早とちりしてネットを越して打ってしまいたくなりますが、

これは失点になりますので、

ネットの上を越すのを見届けてから打つようにしましょうね。

一度自分のコートに入ってからネットを越して打つ

めったにないですが、

バックスピン回転をかけたネット前にバウンドさせると、

ボールがネットを超えて戻ってくることがありますよね。

こんなとき、

ネットを超えてボールを打っても大丈夫なんです。

一度自分のコートに入っていればネットを越して打っても

失点にはならないというルールになっています。

もし初耳だった場合は、

是非試合で実際に起こって戸惑わないように、把握しておきましょうね!

今日は以上になります!

もしストロークを強化したい方こちらがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする