テニスのオープンスタンスの打ち方とメリットについて

あなたは、フォアハンド、バックハンドを打つときのスタンスは何をよく使いますか?

・オープンスタンス

・クローズスタンス

・スクエアスタンス

・セミオープンスタンス

主にこの4種類ありますよね。

私は余裕を持って打てるボールは全てオープンスタンスを使って打っています。

プロ選手もオープンスタンスを多用しており、現在の主流になっています。

今日は、

オープンスタンスを使ったボールの打ち方とメリット

について書いていきたいと思います!

オープンスタンスは、

足をベースラインと並行に並べて、上半身をひねることでテイクバックをして打ちます。

右利きの場合は、

上半身が向いている方向に左腕を伸ばしてあげ、身体が開いた状態で打たないように気をつけましょう。

メリットは、以下の2つがあります。

・打つコースを予測されにくい

・次の動作が速い

スポンサーリンク

打つコースを予測されにくい

上半身のひねりを使って打つため、相手はどのコースへ打つのか予測しにくいです。

相手は自分がボールを打ってからボールの軌道を見て動き始めないといけないので、

動き出しが遅くなり、打ち込んだ時にチャンスボールが返ってくる確率が非常に高くなります。

次の動作が速い

両足の位置がネットと並行だから、次の準備が速くなります。

私はオープンスタンスで打つのは、このメリットがあるからなんですよね。

スクエアスタンスやクローズスタンスは打った後に、前に出た左足を後ろへ戻して、動き始めないといけないですが、

オープンスタンスだと、すぐにクロスステップで次の動作に移れます。

アグレッシブレースライナーのような次々に打ち込んでくるプレーヤーが相手の場合に、

きっちり対応ができるようになります。

ボールの威力は出ないんじゃない??

と思うことがあるかもしれませんが、

『身体のひねり』をしっかり意識して打つことで、他のスタンスに劣らない威力で打つことができます。

是非、

オープンスタンスのメリットを生かしてプレーして見てくださいね!

テニスのオープンスタンスの打ち方とメリットについては以上になります!

スポンサーリンク

シェアする