テニスでロブを打たれたときの対策について

あなたはロブを打たれたとき、

高いバウンドのボールをきっちり打ち返すことができますか?

よくあるミスとしては、

・高い打点で打ってしまう

・後ろへ下がりながら打ってしまう

・仰け反って身体が開いた状態で打ってしまう

これらは全て力が入らずにゆるいボールになる原因となります。

今日は、

バウンドの高いロブを打たれたときに、

どのようにして打ち返せば良いのか?

について書いていきたいと思います。

ロブを打ち返すときに特に気をつけたいのは、

・打点の位置

・身体のバランス

この2つです。

ダブルスでも展開を変えるためや、

攻めのショットとしてロブを使ってくることがあるので、

極力ミスショットを減らして、

安定して深いエリアに打ち返せるように、

是非最後まで読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

打点の位置

バウンドの高さが頭の上を超えてしまったときは、

頭の上の位置では打たないことが大切です。

腕振りになったり、

身体が開いてしまったりと、

コントロールが難しくなってしまいます。

そのため、

頭から腰付近の高さで打つようにしましょう。

ボールを落としすぎると、

スイングが大きく斜め上方向に振り上げないといけなくなり、

ボールのスピードを落とす原因になりますので、

できればネットの白帯よりも高くなる肩から胸の間

ボールインパクトできるようにしましょう。

前後の打点が後ろすぎると肘が曲がってラケット面が安定しないので、

腕がしっかり伸びた状態で打つようにしましょう。

身体のバランス

打点をうまく調整できても、

身体の軸が傾いていると、

上手くボールに力を伝えられなくなります。

動いたまま打とうとするとバランスを崩しやすいので、

テイクバックしてボールを打つときは一度立ち止まり、

軸足をしっかり曲げてバランスを取りながら打つようにしましょう。

余裕があるときは、

ベースラインと平行に動くのではなく、

円を描くようにボールに入っていくと、

急な方向転換を少なくして打てるため、

身体のバランスを保ちやすくなります。

是非以上の2つを意識してみてくださいね!

テニスでロブを打たれたときの対策については以上になります!

スポンサーリンク

シェアする