テニスボールの種類(試合球と練習球)と特徴について

あなたは試合のときテニスボールを打つ感覚が

練習の時と全く違うと感じることないですか?

私は練習より試合の時の方がボールが軽く感じ

コントロールするのに苦労したことがあります。

これは普段練習で使っているボールの種類や、ボールが古くなっていることが原因なんです。

以下に、ボールの種類と特徴について書いていきたいと思います。

ボールには

・プレッシャーボール

・ノンプレッシャーボール

が存在します。

特徴は以下のとおりです。

スポンサーリンク

プレッシャーボール

試合球で使われる事が多い

・値段が高い

・ボール内の空気圧が外気より高く、気圧とゴムの力でバウンドする

・空気が抜けるとバウンドが弱くなる

劣化が早い

打球感が軽い

ノンプレッシャーボール

練習に使われることが多い

・値段が安い

・ボール内の空気圧は外気と同じであり、ゴムの力のみでバウンドする

・ゴムが厚くて重い

・ゴムの劣化によりバウンドが弱くなる

劣化が遅い

打球感が重い

ノンプレッシャーボールの方が安く劣化が遅いため、練習球に使われることが多いです。

私も普段から練習で使っているボールはノンプレッシャーボールです。

注意して欲しいことは、

すでにボール表面のフェルトが

擦り減っているものを使い続けている

ということはないでしょうか?

フェルトが擦り減るくらい消耗しているボールはゴムも劣化しており、ラケットの反発力が弱くなり、非常に重い打球感になります。

このようなボールを普段から打っていると、あまりにも試合球と打球感が違いすぎるため、

いざ試合でいつもと同じようにプレッシャーボールと打つと、軽く感じ、コントロールするのに苦労してしまいます。

そのため、

練習試合では極力プレッシャーボールを使用したり、なるべく質の良いノンプレッシャーボールを使うようにしましょう。

質の悪いボールを排除する必要がありますので、適切なタイミングで替えるために交換時期を

参考までに書いておきますね。

目安としては、

・ノンプレッシャーボールは半年以内
・プレッシャーボールは1ヶ月以内

目安の期間が過ぎたら新しいボールとバウンドの高さ打った時の重さなど比べて判断しましょう。

また、

ボール表面のフェルトが擦り減って色が変わっているものも使わないようにしましょう。
是非参考にしてみてください。

テニスボールの種類(試合球と練習球)と特徴については以上になります。

スポンサーリンク

シェアする