テニスのスタンスの種類について

あなたはボールを打つ時のスタンスの種類を意識していますか?

あまり意識せずにボールを打っている人も多いですが、

しっかり自分が打つときに、

右足と左足をどんな角度でセットしているのか?

自分のスタンスはどれに当たるのか?

これを把握して、

自分のスタンスのメリットをしっかり生かすことが大切です。

打つ時のスタンスは以下の4つがあります。

・オープンスタンス

・クローズスタンス

・スクエアスタンス

・セミオープンスタンス

それぞれ解説していきますので、

自分がどれに当たるのか?

どんなメリットがあるのか?

を確認して見てくださいね!

スポンサーリンク




クローズドスタンス

右利きの場合は、左足を右斜め前へ踏み出して打ちます。

フォアハンドの場合は、

遠くのボールを追いかけながら打つときに使用します。

基本的にクローズスタンスはバックバンドで前へ踏み込んで打つときに使います。

フォアハンドでは、打ち終わった後に、

前に体重がかかっていたり、前に出した足を一度後ろへ戻す必要があるので、

次の動作に時間がかかります。

スクエアスタンス

足の並びはベースラインと垂直になります。

右利きの場合は左足を前に踏み出して打ちます。

前への体重移動とスイングの力でコンパクトに打つことができますので、省エネでテニスをしたい人に向いているスタンスですね。

スクエアスタンスはネットに詰めたいときに使うと、打った後に前への体重移動でそのまま勢いで前へ行くことができます。

ベースラインからボールを打ち続ける場合は、

前に体重がかかっていたり、前に出した足を一度後ろへ戻す必要があるので、

次の動作に時間がかかってしまいます。

オープンスタンス

現在の主流となっています。

ベースラインと水平に両足を並べ、身体をひねってテイクバックして打ちます。

私もオープンスタンスを使用しています。

両足がベースラインに水平なので、

打ち終わった後にすぐ次の動作へ移れるというメリットがあります。

身体のひねりをしっかり使って打たないと、身体が開きがちになってしまうので

手打ちになってしまったり、コントロールしづらくなります。

セミオープンスタンス

オープンスタンスとスクエアスタンスの中間くらいで、

右利きの場合は、左足が右足の斜め前にあります。

右足を軸にすることでボールの位置や体勢に応じて、オープンスタンス、スクエアスタンスを使い分けることができます。

あなたもこの機会に各スタンスの練習をして、自分があっているスタンスを探してみてはいかがでしょうか?

テニスのスタンスの種類については以上になります!

スポンサーリンク







シェアする