テニスでサーブの打ち方を1から細かく解説します

あなたはサーブを打つとき、

スイングや体勢にぎこちなさを感じることはありますか?

もし少しでも感じるのであれば、

身体の動きとスイングが噛み合っていない可能性があります。

サーブは唯一自分から打つことができるショットですよね。

相手からの影響を受けないため、

うまく打つことができれば心強い武器になります。

今日は、初心者向けにサーブの打ち方を基本から解説していきたいと思います。

サーブに自信がない場合は、一度自分のフォームと照らし合わせて確認してみてください。

スポンサーリンク




サーブの流れについて

サーブの流れは主に以下の4段階に分かれています。

1、トスアップ

2、構え

3、スイング動作

4、フォロースルー

それぞれの段階で押さえて置くべきポイントがありますので、

順番に解説していきますね。

すでに自信満々の場合も確認として、ぜひ最後まで読んでみてください。

1、トスアップ

まずはトスの上げ方です。

トスがうまく上げられないと、打点がバラバラになってしまいますよね。

どれだけテクニックや力があっても、

打点が上下左右ズレズレだと安定したサーブを打つことはできません。

これはフェデラー選手、錦織選手でも同じことが言えます。

なのでトスの上げ方をきっちりマスターしましょう。

テニスでサーブトスの安定した上げ方について解説

こちらのページに詳しく記載していますが、

要約すると、

1、指先(第1関節)でなく指の上(第2関節と第3関節の間)でボールを上げる

2、肘と手首の力は使わず肩の力を使う

3、肘の伸び上がりを使って上げない

4、ボールが離れる位置は肩の高さが目安

この4つがポイントとなります。

特に要注意なのが1番です。

指先でボールをリリースしてしまうとボールを引っ掛けて変なところへ飛んで行ったり、

回転がかかってしまって狙った回転で打てないことがあります。

よほど指先のコントロールに自信があるのであれば良いですが、

うまくコントロールできない場合は指の上(第2関節と第3関節の間)でボールが離れることを意識しましょう。

親指を除いた人差し指から小指の4本でお椀のようにボールを乗せ、

そのままフワッと上げましょう。

もしそれでも回転がかかってしまったり、コントロールできない場合は、

親指をボールの上に添えることで改善されることがありますので試してみてください!

2、構え

ここでの構えというのはトスを上げた後に作る、スイング動作に入る前の構えです。

ここで体勢がおかしいとスイングに影響がでてしまうので、

以下のことに注意しましょう。

・左手の位置

・身体の向き

・弓矢のように胸を張る

・肘の位置と高さ

・タメを作る足幅と膝の曲げ具合

左手の位置

トスを上げた左手はそのまま上に上げましょう。

左手をある程度ボールの位置に向けることで、

身体が開きにくくなり、下半身や回転の力を使って打ちやすくなります。

ただし、完全にボールの方向を向いてしまうとスイングしたときに腕に当たってしまって痛い思いをするので注意ですね!

足と身体の向き

足と身体の向きはサーブを打つ上で非常に重要なポイントです。

例えば打ちたい方向に対して両足、身体が正面を向いていると、

確実に腕振りになってしまい、スイングに力が入らないですよね。

目安は打ちたい方向に足を一直線に並べ、身体も横向きの状態です。

背中を見せるくらい外に足と身体を向ける人もいますが、

スイングの時の身体の使い方が難しくなるので、まずは横向きでいきましょう。

弓矢のように胸を張る

構える時は胸を張るようにしましょう。

弓矢を引くようにググッと胸を張ることで、

後のスイングに勢いを出すことができるようになります。

胸を張る動作はスイングの直前まで維持しておく必要があります。

肘の高さ

より力の入ったコンパクトなスイングをするためには、

肘の高さがとても大きな役割を持っています。

肘の高さは肩の高さくらいを目安に構えましょう。

肩より低い位置に肘があると、

スイングの時に肘を上に大きくあげる必要があり、打ちたい打点にタイミングを合わせるのが難しくなります。

腕の力を強く入れないといけないので、どうしても腕振りの感覚がついてしまいます。

肘が肩の高さにある状態からスイングする方がコンパクトで安定しますし、

こちらの方が力が入りやすかったりします。

タメを作る足幅と膝の曲げ具合

足幅と膝の曲げ具合をうまく調節することで、

運動連鎖(伸び上がり)の力を利用することができます。

トスをあげる前の足幅は肩幅より少し広いくらいで構え、

上げると同時に後ろ足をスッと少し前(肩幅より少し狭いくらい)に移動しましょう。

そのまま前足に体重の乗せながら、膝を曲げていきます。

といっても全ての体重を前足に乗せるとスイングに自由が効かなくなるので、

前足 : 後足 =  7 : 3

くらいの比重で考えておきましょう。

膝を曲げすぎると先ほどの肘の同じように伸ばす時に強い力が必要になり逆効果になることがあるので、

誰かから肩を押されてもある程度踏ん張れるくらいに軽く曲げておきましょう。

3、スイング動作

次にスイングの動作ですが、以下のポイントを意識しましょう。

・ボールを投げる動作

・左肩と右肩の高さの入れ替わり

・身体の向き

・プロネーションを取り入れてみましょう

・ボールを投げる動作

ボールを投げる動作

ボールを投げる動作を意識することで、スイングに力が入りやすく、

かつ自然なスイングが可能になります。

まずは肘が身体の前まで動くことで腕が引っ張られます

構えの瞬間はラケットが立っていることが多いですが、

スイング開始時の手首はリラックスしているのでラケットは下を向いています。

肘に引っ張られた手は斜め上に向かって動き始め、

遠心力でラケットが回転していきます。

ここで注意点ですが、

スイングの時はグリップを中心としてラケットヘッドがしっかり回っていることが大切です。

ずっとグリップが先行して斜め上に動いていると、

ラケット面も上を向いてしまうのでホームランしてしまいます。

左肩と右肩の高さの入れ替わり

右手でスイングをする場合は、

右手が上に行くと同時に左手は下げる必要があります。

左肩を下げることで右肩を勢いよく上げる感覚ですね。

左右の方の入れ替わりの力を使うことで、さらに勢いのあるスイングが可能になります。

身体の向き

トスを上げる時は横向き、構える時も横向きですが、

スイングでやっと横向きから正面に身体が回転します。

肘が動き始めると同時に身体を回転させ、

ボールインパクトの瞬間に正面を向くイメージです。

プロネーションを取り入れてみましょう

プロネーションとはスイングの時の腕の回内動作のことです。

ラケットを内側に巻き込む人がいますが、

この方法だと腕の力を十分に使って打つことができません。

スイングしながら親指を外向きに持っていく意識を持ちましょう。

注意点として、手首の力で打たないようにしましょう。

手首はある程度固定しておき、自然なスイングを心がけるようにしましょう。

4、フォロースルー

最後にフォロースルーです。

ボールがラケットから離れた瞬間にスイングを終えてしまうと、

フレームにあった時にボールがネットを超えにくくなります。

フォロースルーはある程度斜め上にスイングしてからスイングを終えるようにしましょう。

また、バランスを崩さないように注意しましょう。

打ち終わったあとにバランスを崩してしまうと、

次の動作の準備が遅くなるので、コースを突かれた時の対応が難しくなります。

ジャンプしてサーブを打った後も着地でしっかりバランスを取り

すぐに構えられるようにしておきましょう。

サーブが強い人はダブルスで重宝されますし、

シングルスでもサーブキープが楽になってリターンゲームをどこかでブレークすれば勝てるという安心感もあります。

ぜひ以上の内容を参考にサーブ練習をしてみてくださいね!

今日の内容は以上になります!

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

 

勝つ技術を身につけるノウハウブックを無料公開中です!

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク







シェアする