テニスでサーブのトスを上げる高さについて

あなたはいつもどれくらいのトスの高さでサーブを打っていますか?

最近よく、

トスってどれくらいの高さが良いの?

という質問を頂くので、

今日はトスの高さについて書いていきたいと思います。

結論から言うと、

トスの高さは人それぞれの好みで良いかと思います。

ただ、

高く上げる場合と低く上げる場合それぞれにメリット、デメリットがあるので、

しっかり把握した上で決めるようにしましょう。

ちなみに私は、低く上げる派ですね。

以下にメリット、デメリットをまとめましたので、

決めるときの参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク




高く上げる場合

メリット

メリットは、

打つ準備を整えやすいこと

ですね。

ボールの滞空時間が長いと、

打つまでの準備を余裕を持ってできるため、

しっかりタメを作って力強く打ちやすくなります。

パワーを溜めて溜めて打ちたい人はトスを高めにするのが良いかと思います。

デメリット

デメリットは、

・トスの位置がズレやすい

・コースを読まれやすい

ですね。

トスを高く上げようとすると、

最高到達点が高い分、自分の打ちやすい打点位置にボールが落とすのが難しくなります。

また、風にも流されやすくなるので、

何回も上げ直したり、妥協して打ちにくい打点で打ってしまわないように注意ですね!

もう1つは、

タメを作り、打つまでの準備時間が長いため、相手は打つ方向が予測しやすくなります

トスの位置や身体の向きからコースを読まれやすくなるので、

踏み込まれてリターンされても大丈夫なように、

次の動き出しをしっかり速くするよう意識しておきましょうね!

低く上げる場合

メリット

メリットは、

・コースを読まれにくい

・速いテンポで打てる

ですね。

トスを低く上げるということは、打つまでの時間が短くなるので、

相手は余裕を持って準備できなかったり、

スプリットステップできなかったりというメリットがあります。

相手がトスの位置やラケット、

身体の向きを見てコースを判断する前に打つことができるので、

相手の余裕を奪うことができます

デメリット

デメリットは、

タイミングを合わせるのが難しいこと

ですね。

トスを上げたらすぐにスイングまでの動作をしないといけないので、

タイミングが合わずに、ラケット面が上を向いたりしてオーバーしてしまったりしがちです。

うまく身体の力を使えることができずに手打ちになることもあるので、

自分のサーブの型をしっかり定着させておくことを意識しましょう。

テニスでサーブのトスを上げる高さについては以上になります!

スポンサーリンク







シェアする