テニスラケットのグリップの握り方

テニス初心者向けにテニスラケットの握り方について解説したいと思います。

中学、高校でソフトテニスから硬式テニスを始める場合も、

握り方が変わってくるので、参考にしてもらえたらと思います。

ラケットの握り方は主に以下の4種類あります。

1、ウエスタングリップ

2、セミウエスタングリップ

3、イースタングリップ

4、コンチネンタルグリップ

それぞれグリップを握った時の「親指と人差し指のVの角の部分」がグリップの位置のどこにあるかで決まってきます。

スポンサーリンク




1、ウエスタングリップ

一番厚い握り方です。

Vの箇所は1番に当たります。

主にフォアハンドを打つ時に使用します。

パワーボールや強力なトップスピンを打ちたい人向けの握り方ですね。

コントロールしやすいため、

初心者の方はまずウエスタングリップから練習するのが良いかと思います。

2、セミウエスタングリップ

主にフォアハンド、バックハンドを打つ時に使用します。

Vの箇所は2番に当たります。

最近の主流と言われている握り方ですが、

ボールインパクトの時にラケット面が下を向きやすく、中級者、上級者向けです。

3、イースタングリップ

主にフォアハンドを打つ時に使用します。

Vの箇所は3番に当たります。

こちらも初心者向けの握り方です。

ラケット面と手のひらが平行になるため、ボールを打つ感覚が掴みやすいです。

ただしパワーショットを打ちたい場合は、

ウエスタングリップ、セミウエスタングリップがオススメですね。

4、コンチネンタルグリップ

一番薄い握り方です。

Vの箇所は4番に当たります。

主に、

サーブ、ボレー、スマッシュ、スライス、バックハンド(ダブルハンド)

を打つ時に使用します。

つまりフォアハンド以外の打ち方全てに適しています。

構える時はコンチネンタルグリップで握っておき、

フォアハンドの場合は瞬時に握り変えて打つようにしましょう。

ラケットの持ち方はテニスを始める上で一番重要です。

握り方がズレているとボールがアウトしたり、ネットにかかったりと、

調子を崩す原因となります。

各ショットの自分のラケットの持ち方をしっかり決めておき、

正確に持ち方に変えられるようにする必要があります。

握った時のグリップ厚さや手の接地部分など、

握った感覚を覚えるられるように何度もグリップを意識して練習に取り組みましょう。

テニスラケットのグリップの握り方は以上になります。

グリップの握り方も含め、フォアハンドを重点的に鍛えたい方

こちらがオススメです。

スポンサーリンク







シェアする