フォアハンドのグリップの握り方に応じた安定する打点について

あなたはフォアハンドをどんな握り方で打っていますか?

私はベースラインからストロークを打つことが多いので、

ウエスタングリップを用いています。

たまにコンチネンタルグリップでフォアハンドを打っている方を見かけますね。

人それぞれ、持ち方に違いがありますが、

それによって打点の位置や力の入る場所も変わってきます。

今日は、

フォアハンドのグリップの握り方に応じた安定する打点

について書いていきたいと思います。

グリップの握り方は基本的に以下の4つに分類されますよね。

・コンチネンタルグリップ

・イースタングリップ

・セミウエスタングリップ

・ウエスタングリップ

握り方については、

以下の記事を参考にしてみてくださいね。

テニスラケットのグリップの握り方

力が入りやすい打点の位置の目安は以下の通りです。

コンチネンタルグリップ : おへその横

イースタングリップ : 踏み込み足のかかと

セミウエスタングリップ : 踏み込み足の指

ウエスタングリップ : 踏み込み足のボール1個前

つまり、

打点が後ろ

↑↑↑

コンチネンタルグリップ

イースタングリップ

セミウエスタングリップ

ウエスタングリップ

↓↓↓

打点が前

コンチネンタルグリップが1番の打点が後ろとなり、

ウエスタングリップが1番打点が前になります。

フォアハンドストロークは

セミウエスタンやウエスタングリップが主流となっていますが、

この2つで打点が後ろになると、

ラケットヘッドが回らず、ラケット面がブレやすくなるので、

しっかり前でボールインパクトできるように意識しましょう。

フォアハンドのグリップの握り方に応じた安定する打点については以上になります!

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

 

勝つ技術を身につけるノウハウブックを無料公開中です!

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク