テニスの練習における球出しのやり方とコツについて

あなたは練習の球出しはうまくできますか?

チームメイトの練習で球出しをすることはよくあるかと思います。

スマッシュ練習をするとき、

トップスピンがかかり過ぎていて、打点が前になってミスしてしまったことないですか?

ポーチボレーの練習をするとき、

コントロールできなくて、グダグダになっらことはないですか?

チームメイトがより効果的な練習をするためには、

球出しの技術って実はめちゃくちゃ重要なんですよね。

中級者、上級者への球出しであれば、

スピンがかかっていたり大きく跳ねたボールでも、

しっかり打つことができるので、特に問題はないかと思いますが、

初心者へ向けた球出しを行う場合は、

スピン回転のかかったボールや大きく跳ねたボールへの対処がまだ上手くできない

場合があるので、

・無回転の相手が打ちやすいボール

・打点がお腹から腰付近の高さ

このような打ちやすいボールを出してあげる必要があります。

今日は

テニス初心者でも打ち返しやすい球出しのやり方

について書いて行きたいと思います。

スポンサーリンク

無回転の球出しのやり方について

無回転のボールは、バウンドを予測しやすいですよね。

初心者でも簡単に予測して、自分の打ちたい打点へ移動することができるため、

まずは無回転の球出しをできるようになりましょう。

重要なのは、

・コンチネンタルグリップで持つこと

・手首と肘を固定し、腕の振りを使って打つことです。

この2つです。

ウエスタングリップやセミウエスタングリップだと、

スピンがかかりやすく、強いボールになりやすく、コントロールが難しいです。

コンチネンタルグリップで持ち、

ボールに対してまっすぐコンパクトに当てるようにしましょう。

また身体を回転させて打つと、ボールに回転がかかりやすくなりますので、

極力回転させないように注意しましょう。

固定しすぎることを意識しすぎて力を入れすぎてしまうことがありますので、

ピンッと腕の伸ばしすぎず、

自然な曲げ具合で、リラックスして打つようにしましょうね。

私がやるときの感覚的なコツですが、

ほんの少しだけ面を上に向け押し出すように打つと、無回転になりやすいです。

お腹から腰付近の高さへ打つコツについて

初心者はまず、

一番力を入れやすいお腹から腰付近の高さのボールを安定して打つことが重要です。

低めや高めも含めたバラバラの高さでばかり打っていると、

スイングの軌道やラケット面の角度などが掴みにくくなります。

また、

ポーン

と大きな円を描いたボールは、自分からタイミングを取りに行かないといけないです。

中級者以上であれば問題なく打つことができますが、初心者は打点が安定しないことがあります。

ボールを出すコツとしては、

腰よりも少し下の高さから打ち、

ある程度直線的な軌道のボールを出すようにしましょう。

すると、低い軌道でボールが飛んでいくため、

バウンドの高さも腹の位置に行きやすくなります。

高めからボールを出すと、バウンドも高くなりがちなりますので注意しましょう!

球出しの技術を高めることはチームメイトがより質の高い練習ができ、

チーム力を高めることに繋がります。

団体戦で上位を狙いたい場合は是非実践してみてくださいね。

テニスの練習における球出しのやり方とコツについては以上になります!

もし練習でストローク強化をしたい方こちらがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする